Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Killing Floor bind晒し

2012.01.23 / Games

Killing Floorにて自分の使っている武器バインドを晒してみる。

  • 1=GetWeapon KFMod.Knife|GetWeapon KFMod.Machete|GetWeapon KFMod.Axe|GetWeapon KFMod.ClaymoreSword
  • 2=SwitchWeapon 2
  • 3=SwitchWeapon 3|GetWeapon KFMod.Winchester|GetWeapon KFMod.Shotgun|GetWeapon KFMod.BenelliShotgun|GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV27.KSGShotgun|GetWeapon KFMod.MAC10MP
  • 4=GetWeapon KFMod.MP5MMedicGun|GetWeapon KFMod.AA12AutoShotgun|GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV27.FnFalAssaultRifle|GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV27.FnFalAAssaultRifle|GetWeapon KFMod.M32GrenadeLauncher|GetWeapon KFMod.LAW|GetWeapon KFMod.Huskgun
  • E=GetWeapon KFMod.Knife|GetWeapon KFMod.Katana
  • R=GetWeapon KFMod.Syringe
  • T=GetWeapon KFMod.Knife
  • V=Getweapon KFMod.PipeBombExplosive
  • X=Getweapon KFMod.Welder|AltFire|OnRelease SwitchToLastWeapon
  • Z=Getweapon KFMod.Welder|Fire|OnRelease SwitchToLastWeapon
  • Ctrl=GetWeapon KFMod.M4203AssaultRifle|GetWeapon KFMod.MP7MMedicGun
  • Shift=GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV27.M7A3MMedicGun|GetWeapon KFMod.Boomstick|GetWeapon KFMod.Crossbow|GetWeapon KFMod.M14EBRBattleRifle|GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV27.M99|GetWeapon KFMod.SCARMK17AssaultRifle|GetWeapon KFMod.Chainsaw|GetWeapon KFMod.M79GrenadeLauncher|GetWeapon KFMod.Flamethrower

GetWeaponを使う場合の難点は、同じキーにバインドした武器を複数持っている場合、実際には後に記述した武器しか取り出すことができないということである。それを踏まえて同時に持つ可能性のある武器はなるべく別のキーにバインドしていった結果、こんなことになってしまった。
一応当人の感覚としては便利ではある。

EDGE

2012.01.09 / Games

EDGEを一通りプレイしたのでその感想を。

EDGEは、操作は単純、グラフィックはシンプル、音楽はチップチューンと、ミニマリズムに溢れた3Dアクションパズルである。特に操作に使うのがWASDの4キーのみで、ジャンプすら無いというのは中々の割り切りと言える。当然許される動きは前後左右への移動だけ、更にプレイヤーキャラクターは転がって移動するキューブなので、後ろにもスペースがなければ前進出来なかったり、高さ1の横穴に入って行けなかったりする。この感覚に慣れるまでには少々時間を要するかもしれない。

ゲームの目的は非常に分かりやすいもので、ステージに点在するprismを集めつつ(集めなくてもよい)ゴールを目指すという、言ってしまえばただそれだけのゲームである。しかし100以上に及ぶステージには動く床を始めとするギミックが豊富に取り揃えられており、プレイヤーを飽きさせない。また基本的には「死んで覚える」系のゲームなのだが、死亡時の復帰の速さや復帰ポイントの多さ、加えて軽快な音楽と効果音のお陰で、ゲームのテンポは至ってスムーズである。

ゲーム中唯一のアイテムであるprismは無視してもゴール可能とはいえ、全て集めることによりアンロックされるステージが存在するので、結局集めたくなってしまう。各ステージクリア後には、クリアタイムと集めたプリズム数によるランクも表示されるので、全ステージ最高ランクを目指すというチャレンジもありだ。

総じて小粒ながらもよくまとまったゲームであり、ちょっとした時間があるアクションパズルスキーやミニマリズム愛好家ならば手を出しても損はない。コンフィグで音量が設定できない上に割とうるさいというのが唯一の難点なので、プレイ前には手元での音量調整のご用意を。

新年

2012.01.04 / Misc

今更ながら、明けましておめでとうございます。今年が皆様とPCゲーム・デバイス業界にとって良い年となりますように。

今年の目標はブログの自鯖移転としたい。あと原の新作が読みたい。

Killing Floor 新武器名

2011.12.08 / Games

Killing Floorにて誰もが待ち望んだ新武器が大量に実装された。というわけでそれら新武器をUser.iniにて指定する場合の名前でも。

MP5 Medic Gun
GetWeapon KFMod.MP5MMedicGun
Combat Shotgun
GetWeapon KFMod.BenelliShotgun
44 Magnum
GetWeapon KFMod.Magnum44Pistol
Dual 44 Magnum
GetWeapon KFMod.Dual44Magnum
M4
GetWeapon KFMod.M4AssaultRifle
Claymore Sword
GetWeapon KFMod.ClaymoreSword
Husk Fireball Launcher
GetWeapon KFMod.Huskgun
M4 203
GetWeapon KFMod.M4203AssaultRifle

性能的にちょっとどうなのかという武器もあったり、重量にバグがあるっぽかったりするが、取りあえずは公式新武器の実装を素直に喜ぼうと思う。

IJC Weapon Pack White V2.6

2011.11.20 / Games

KIlling Floorの武器追加Mod、IJC Weapon PackがWhite V2.6にバージョンアップされた。
これにより全武器にPerkボーナスが適用されるようになり、またKSG ShotgunというSupport Specialist向けの新武器も追加された。
これを受けて、IJC Weapon Pack紹介記事を更新しておいたので、興味のある方はご覧あれ。

余談だが、Whitelistはともかく、Greylistに入るModはもっと多くても良いように思う。色々なModで遊んでみようと思っても、全Perkが0扱いという環境下ではやる気が削がれてしまう。list入りするということは公認するということにほぼ等しいので、クォリティの低いものは入れたくないのかもしれないが、それにしてももう少し増えても良いような。

Killing Floor IJC Weapon Pack

2011.10.29 / Games

というわけで、Killing FloorのMutatorであるIJC Weapon Packの追加武器について以下に記す。
White V2.6では値引きを含むPerkボーナスが受けられるようになり、いよいよ実用性が高まってきた。癖の強いものも多いが、ぜひ一度お試しあれ。
なお、全ての数値はPerkボーナス無し時のものである。また、以下に示す武器指定で、IJCWeaponPack-WhiteV26となっている部分はModのバージョンに依存する。バージョンアップ時には適宜書き換える必要があるので注意が必要である。

  • MK23

    User.iniでの武器指定
    GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV26.MK23
    武器スロット
    2番
    得意Perk
    SharpShooter
    装弾数/総弾数
    12/144
    価格
    500ポンド
    重量
    3
    解説
    あらゆる意味で9mmとHandCannonの中間くらいに位置するハンドガン。
    威力こそHandCannonに一歩譲るが、重量3なので装備の自由度が大幅に増す。
    マガジン容量が大きく、連射も効き、アイアンサイトも見やすいとかなり優秀な武器。
    Katanaのように、重量が3余る構成の護身用として持つのが良さそうだ。
  • Dual MK23

    User.iniでの武器指定
    GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV26.DualMK23
    武器スロット
    2番
    得意Perk
    SharpShooter
    装弾数/総弾数
    24/144
    価格
    1,000ポンド
    重量
    3
    解説
    Mk23の両手バージョン。
    Dual 9mmsやDual HandCannonsと違い、Mk23はシングルとデュアルを同時に持つことが可能。
    その場合、弾数は共通だが重量は合計6になるという謎の仕様である。
    Dualの例に漏れず遠距離は狙い辛くなるので、近距離での瞬間火力が欲しい時に。
  • M99 AMR

    User.iniでの武器指定
    GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV26.M99
    武器スロット
    4番
    得意Perk
    SharpShooter
    装弾数/総弾数
    1/24
    価格
    1,900ポンド
    重量
    13
    解説
    LAW並みの重量・総弾数を持つ対物ライフル。
    SS Lv6ならばHoE6人時SCをHS1発、FPをHS2発と圧倒的な威力を誇る。
    サブウェポンが持てない上に弾数も少ないので、雑魚処理要因が揃っている状況で持ってこそ輝く武器といえるだろう。
  • FnFal

    User.iniでの武器指定
    GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV26.FnFalAssaultRifle
    武器スロット
    4番
    得意Perk
    Commando
    装弾数/総弾数
    20/300
    価格
    2,650ポンド
    重量
    6
    解説
    SCARとよく似ているが、威力で勝り、フルオート時の連射速度で劣るアサルトライフル。
    また価格がわずかに高く、重量も1kg上回る。
    特徴的な照星を持つアイアンサイトは好みの分かれるところか。
    AKと併せて持つとKatanaが持てず、SCARと併せて持つと少々費用が嵩むのが難点。
  • FnFal ACOG

    User.iniでの武器指定
    GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV26.FnFalAAssaultRifle
    武器スロット
    4番
    得意Perk
    Commando
    装弾数/総弾数
    20/300
    価格
    2,750ポンド
    重量
    6
    解説
    FalにACOGスコープが付いたバージョン。
    ややズームするので遠距離は非常に狙いやすい反面、視界が狭まるので近距離戦には適さない。
    キャンプ地によって普通のFalと使い分けると良いだろう。
  • M7A3 Medic Gun

    User.iniでの武器指定
    GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV26.M7A3MMedicGun
    武器スロット
    4番
    得意Perk
    Medic
    装弾数/総弾数
    15/300
    価格
    15,000ポンド
    重量
    6
    解説
    MP7M MedicGunの上位版。
    フルオート射撃と注射器発射が可能なのはMP7Mと同様だが、射撃の威力はSCARを上回り、ドットサイトと残弾/ヘルス表示機能まで備えるという優れものである。
    Medicに威力ボーナスがないのは痛いが、持っておけば0.5 Commandoくらいの火力にはなるだろう。
    また注射ゲージはMP7Mや注射器とは別なので、MP7Mと併せてほぼ延々注射器を撃つことが可能。
  • KSG Shotgun

    User.iniでの武器指定
    GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV26.KSGShotgun
    武器スロット
    4番
    得意Perk
    Support Specialist
    装弾数/総弾数
    12/84
    価格
    1,250ポンド
    重量
    9
    解説
    AA12と同じく、マガジン式のショットガン。
    AltFireで散弾率をCondensed/Wideと切り替えられ、Condensedにすればある程度遠距離の敵を狙うことも可能。
    SGと比較した場合、装弾数と総弾数が多く、威力も高いのが利点。 重量9なのでHSGと併せて持つとAxeが持てず、本体も弾薬も高価で、ライトとしても使えないのが欠点。
    マガジン式なのは状況により利点とも欠点ともなりうる。
    SGとどちらを選ぶかは難しい所で、最終的には好みで決めてしまっても良いかもしれない。

Killing Floor Mutators

2011.10.28 / Games

予告通り、というには余りに遅いが、Killing FloorのMutatorについて書こうと思う。

Mutatorというのは早い話がModであり、有志の手によって様々なものが作られている。これらのものにはゲームバランスを著しく損なうものもあるため、通常はMutatorを適用すると、経験地は入らないし、実績も解除されない、おまけに全PerkがLv0として扱われてしまう。
しかし、公式に認められ、Whitelist入りしたMutatorはそうした制限を一切受けないし、Greylist入りしたMutatorでも通常通りのPerk Lvでプレイすることはできる。気軽に導入してみてはいかがだろう。

なお、Mutatorの適用方法は、大半がKilling Floorをインストールしたフォルダ内のSystemフォルダに入れるか、AnimationsやTexturesといったフォルダを上書きするかである。当然ながら、導入前にはReadmeをしっかり読み、ファイルのバックアップを取っておくことを忘れないようにしよう。

前置きはこれくらいにして、以下に自分が使ったことのあるWhitelist入りMutatorを紹介する。また、Whitelist、Greylistは随時更新される。最新の状況はKILLING FLOOR JP @ Wiki等でチェックして頂きたい。

IJC Weapon Pack
6種類の新武器を追加する。
詳しい内容は長くなるのでIJC Weapon Pack個別記事を参照のこと。
KF Hellfire
出現する敵が全てHuskになる。
他の「敵が全て~になる」系Mutatorは入っていないのに、なぜかこれだけWhitelist入り。Lv4以上のFirebugを使えば被ダメージはほぼ0にできるのでレベリングに有用か、と思いきや特例措置としてか普通にダメージを受けてしまう。射撃戦を楽しみたいときにでも。
The Brute
新たな敵、Bruteを追加する。
正面からのヘッドショットはほぼ効かないので、一人が引きつけている隙に横から撃つというチームプレイが要求される。ボディを撃ちまくったほうが速い、というのは禁句である。
The Stig
噂では、Gorefastをつまようじに使っているとか。
Halloween Sideshowにスペシメンとしての出演を打診されたとか。
謎だらけのStigです。
キャラクターの外見が問答無用でTopGearの備品に変更される。Greylist入りしているVehicle Mod(車に乗ってプレイ)と併せれば、あっという間に気分はThe Stig!
No Trader
最初から入っているMutator。店のドアが開かず、一切の買い物ができなくなる。
武器・弾薬は初めから持っているものと拾ったもののみ。マップ中を駆けまわって弾を探したり、Macheteを拾って大興奮といった、普段とは全く異なるプレイを楽しむことができる。
Mirror Friendly Fire
Friendry Fire Onの鯖において、FF Damageが撃った対象にではなく、自分に与えられるようになる。
要するに迷惑プレイヤー対策であるが、普通にプレイしていても意外と喰らってしまうのが難点。
Corpses Everywhere
Wave終了までスペシメンの死体が残るようになる。
大量の首なし死体が転がる様は中々に圧巻である。
KF Anti Blocker
Wave間のお買い物タイム中にプレイヤー同士の接触判定が無くなる。
ショップ入口でブロックしてくる迷惑プレイヤー対策にはもちろん、通常の買い物もスムーズになること受け合い。
因みに、重なり合ったままWave開始を迎えることもできるが、銃が撃てなくなったりするし、Huskに即焼き殺されるのは間違いないのでオススメできない。
No Zed Time
読んで字の如く、Zed Timeが発動しなくなる。
スロー演出が嫌い、少しでもプレイ時間を短縮したい、という人向け。
KF Faked Players
スペシメンの出現数や耐久力判定に用いられるプレイヤー数を増加させる。
これにより、1人で6人分の敵を相手したりするプレイが可能となる。
KF Impossible
スペシメンの攻撃を食らうと即死するモードに突入する。
言うまでもなく変態向け。
Items Remover
特定の武器をゲーム中から取り除く。
AA禁止プレイやMacheteのみプレイなどを手軽に実現できる。
Manual Reloading
オートリロード封印、即ち残弾0でFireキーを押してもリロードしないようにする。
他のFPSでオートリロード無しに慣れた人間にとっては非常にありがたい。
注意点が一つ、PipeBombを置いた後、一度リロードキーを叩かないともう一つ置けなくなってしまう。
恐らく内部的にはオートリロードで処理しているのだろう。
Patriarch HP Left
Patriarch戦でWIPED OUTした際、残りのHPが表示される。
「あと少しだったのに!」と悔しがる用。
No Kill Stats
デフォルトではTabで表示されるスコアの、Kill数表示をプレイ時間表示に置き換える。
Kill数の伸びない職や配置でも気にならなくなる、のだろうか。
KF No Dosh
金銭が一切手に入らなくなる。
店が開かないNo Traderとの違いは、不要な武器を店に投げ捨てたり、トランペットを見つめる貧乏な少年ごっこができるいうところ。

といったところである。ハードコアプレイヤー向けのものも多いが、これはと思うものがあればぜひお試しを。

<<  Top Page  >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。