Lupus

WMR : ZALMAN MP1000

2009.08.01 / WMR

WMR第8回、ZALMAN MP1000のレビュー。 (過去データまとめはこちら)
横方向に長い

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
ZALMAN MP1000 400x300x3.0 1,980 1.65

サイズは1種類のみ。4:3という分かりやすい縦横比を採用しているのはディスプレイ解像度に合わせる狙いか。大サイズとしては気持ち小さめだが、中サイズというには大きい。なお、この製品はArkでの取り扱いがないため、価格に関してはネット通販での標準的な値と思われるものを記入した。

2.外観・手触り

左下に灰色の塗料でロゴが入っている。Z-MachineというのはZALMANのゲーミング部門のブランド名のようだ。表面の網目は細かく、触ると結構激しいざらつきが伝わってくる。

3.マウスの滑り

表面のざらつきから予想される通りの硬質かつ乾いた滑り具合で、人によっては手にざらつきが伝わってくるのが気になるかもしれない。動かし始めはスムーズだが、止める際に僅かな抵抗が発生する。全体的にA4Tech X7-500MPをもう一回りざらつき・止まりに寄せた性能といった塩梅である。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x2 3.0
Razer DeathAdder 1円硬貨x2 3.0
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x3 4.5

標準的な測定結果となった。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 発生せず 発生

標準的な測定結果となった。

総括

冷却用品メーカーという印象の強いZALMANのマウスパッド。ピストルグリップを模した形状のマウスFG1000と共に売り出されたのだが、それ以来新製品を発表していないところからして、既にこちらの世界には見切りをつけたのかもしれない。性能は決して悪くはないのだが、敢えてこれを選ぶだけの魅力に欠けているのも事実。取り扱い店舗が減少しているのも無理はないだろう。余談だが、円筒形の紙ケースはなかなか作りが良く、内側にも表面処理が施してあるお陰で収納時に表面が汚れない。これはぜひ他社にも見習って頂きたいところである。

滑る>[CT 1.5mm]>[Aqua 3]>[C1]>[Goliathus Control]>[Goliathus Speed]>[X7-MP500]>[MP1000]>[QcK]>止まる

WMR : A4Tech X7-500MP

2009.07.18 / WMR

WMR第7回、A4Tech X7-500MPのレビュー。 (過去データまとめはこちら)
正方形に近く、十分に大きい

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
A4Tech X7-500MP 437x400x3.0 1,580 0.90

サイズは1種類のみ。かなり大きく、正方形に近い形状であるため置き場所に困るかもしれない。価格が非常に安いのは、さすがA4Techといったところだろうか。

2.外観・手触り

左上と右下に銀色の塗料でロゴが入っており、地の部分とは異なる感触となっている。表面には細かい網目が縦横斜めに走っており、触ると細かなざらつきが伝わってくる。

3.マウスの滑り

硬質な、ざらざらとした感触である。やや止まり寄りの性能であるように感じられる。動かし始めはスムーズだが、止める際に僅かな抵抗がある。ベース部が硬く薄いため、押し付けて止めるのはやや難しい。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x3 4.5
Razer DeathAdder 1円硬貨x2 3.0
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x3 4.5

IME3.0のリフトオフディスタンスが高い。これはQcK+と同じ特性である。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 発生せず 発生

標準的な測定結果となった。

総括

A4Techらしい、コストパフォーマンスに優れた製品である。ざらついた感触は好みの分かれるところだろうか。またどうでもいいことだが、包装時にベース部が外側に来る巻き方で入っていた。表面が箱の内側と擦れる恐れがないので、表面を見せる必要のない紙箱入りのパッドではこの方がいいのかもしれない。

滑る>[CT 1.5mm]>[Aqua 3]>[C1]>[Goliathus Control]>[Goliathus Speed]>[X7-MP500]>[QcK]>止まる

WMR : X-RAY Aqua 3

2009.07.04 / WMR

WMR第6回、X-RAY Aqua 3のレビュー。 (過去データまとめはこちら)
大サイズとしては気持ち小さめ

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
X-RAY Aqua 3 400x280x1.5 1,780 1.59
X-RAY Aqua 2 280x230x1.5 1,480 2.30

サイズ展開は2種類で、共に一般的なサイズより一回り小さい。またQPAD CTと同じく大サイズは縦に狭いので注意が必要。価格はかなり安いので、気軽に買って試すことが出来る。

2.外観・手触り

右上にロゴというのはちょっと珍しい。ロゴ部は塗装処理で当然感触も異なるが、左下以上に右上端を使う機会は少ないと思われるので実用上の問題はないか。手触りは非常にきめが細かくさらさらとしており、まるで絹のようだ。網目は縦横斜めに非常に細かく走っており、指で起伏を感じ取るのは困難。触っていて心地よいのだが、包装時の癖が戻りづらく、また使用で汚れやすい素材でもあるようだ。湿気の影響も相当に大きい。

3.マウスの滑り

Goliathus Speedをも上回るスムーズさで、ソールがパッドを擦る音すらほとんど発生しない。滑り具合もコーティング系には及ばないものの非常に軽く、止まらない。変形もほぼなく、マウスを押し付けて止めるのは難しい。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x3 4.5
Razer DeathAdder 1円硬貨x3 4.5
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x3 4.5

IME3.0とDAのリフトオフディスタンスが高い値を記録している。光学式マウスと組み合わせて使う際には若干の注意が必要だろう。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 発生せず 発生

こちらは標準的な測定結果となった。

総括

とにかくよく滑るパッドである。純粋な布パッドの中では一番ではないだろうか。湿気や汚れに弱いので、夏よりも冬にその真価を発揮するといえそうだ。独特の魅力があり値段も手ごろ、後はパッケージのデザインがもう少し洗練されていればもっと有名になっていてもおかしくない。

滑る>[CT 1.5mm]>[Aqua 3]>[C1]>[Goliathus Control]>[Goliathus Speed]>[QcK]>止まる

WMR : QPAD CT Large 1.5mm

2009.06.28 / WMR

WMR第5回、QPAD CT Large 1.5mmのレビュー。 (過去データまとめはこちら)
縦にはかなり狭い

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
QPAD CT Large 1.5mm 405x285x1.5 4,280 3.71
QPAD CT Medium 1.5mm 330x255x1.5 3,980 4.73

サイズ展開は2種類のみで、Mediumはやや大きめ、Largeは大サイズとしてはやや小さめとなっている。またLargeはとにかく縦に狭く、グレネードを上に投げようとするとはみ出る事多々。価格は高いが、コーティング系の布パッドは総じて高いので仕方のないことかもしれない。

2.外観・手触り

左下にロゴ、そして一面に大きくQの文字が印刷されている。色はBlackとWhiteから選ぶことが出来るが、トラッキング性能の違いについては未調査である。表面にはコーティングがなされており、非常に滑らか。ほんの少しビニールのようなぺたぺたと張り付く感触がある。

3.マウスの滑り

硬質な感触で、非常に軽い。マウスを指ではじくと結構な距離を滑走するほどである。当然止まりは最低レベルで、重いマウスにHyperglideというような組み合わせだとコントロールに苦労するかもしれない。表面が硬く厚みもないので、マウスを上から押さえつけても全く止まらない。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x2 3.0
Razer DeathAdder 1円硬貨x2 3.0
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x2 3.0

GM-M8000のリフトオフディスタンスが好成績を記録した。同じセンサーを搭載したG9は硬質パッドと相性が良くないという話を聞いていたので、硬質に近いコーティングパッドでのこの結果は少々意外だった。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 僅かに発生 発生

こちらではGM-M8000のテスト結果が思わしくなかった。360度をちょうど3秒くらいの、他のパッドではぎりぎり発生しないあたりの速度から発生してしまうように感じられる。

総括

これまでとは毛色の違う、表面にコーティング処理をした製品のレビューをお届けした。下手なプラパッドよりも滑るので、布の取り回しやすさとプラスチックの滑りを求める人にお勧め。ただし、価格の高さと縦方向の狭さは覚悟しておく必要がある。プラスチックの筒で包装されており、場所を取らず保管も楽なのは嬉しい。

滑る>[CT 1.5mm]>[C1]>[Goliathus Control]>[Goliathus Speed]>[QcK]>止まる

WMR : Razer Goliathus Alpha Control

2009.06.27 / WMR

WMR第4回、Razer Goliathus Alpha Controlのレビュー。 (過去データまとめはこちら)
サイズはSpeed Editionと全く同じ

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
Razer Goliathus Alpha Control 444x355x4.3 3,480 2.21
Razer Goliathus Control 355x254x4.0 2,980 3.30
Razer Goliathus Omega Control 270x215x4.0 2,480 4.27

サイズ・価格展開は第2回で取り上げたSpeed Editionと全く同じ。縦にやや狭く、面積対価格が高いのも相変わらず。

2.外観・手触り

Speed Editionとの唯一にして大いなる違いは表面である。斜め方向に粗い網目がびっしりと入っており、手で触ると明らかに網目のない部分がへこんでいるのがわかる。これだけ大胆に起伏をつけているというのは他の布パッドに類を見ない。

3.マウスの滑り

ざらざらを通り越して、でこぼことした表面をなぞっているのがわかる。ソールに接する面積の小ささゆえか滑りはなかなかのものだが、独特のざらついた感触と音がある。Speed Editionのような止めるときの抵抗は感じられない。力を加えることによる変形の影響は小さいようで、押さえつけてもあまり止まらない。また角の立ったソールではソールが網目に引っ掛かる感触がかなり強く、使用するのは厳しい。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x2 3.0
Razer DeathAdder 1円硬貨x2 3.0
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x3 4.5

この企画においては標準的な値が出た。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 発生せず 発生

他のパッドと有意な差は見られなかった。こんな頼りない結果ばかりを書いていてもなんなので、「中速」と「高速」の定義をもう少しわかりやすく「30cmを3秒前後で横断する速度」「30cmを1秒前後で横断する速度」と定義し直した。今までのパッドの結果はほぼGM-M8000で「30cmを2-2.5秒程度の速度から発生し始める」、XL-750BKで「30cmを3-4秒程度の速度から発生し始める」となっている。

総括

Razer製品というと癖が強い印象があるが、この製品はまさにその通り非常に癖の強いパッドである。他の布パッドからは滑りの種類からして違うといって良い。布とプラの中間に位置するのがコーティングならば、更にそのコーティングと布の中間に位置するのがこのGoliathus Controlか。布パッドの天敵ともいえる、湿気による滑り具合の変化が小さいという話もある。Speed Editionとは対照的に、万人に勧められるパッドではないが、好きな人はとことん好きになる、そんなパッドである。

滑る>[C1]>[Goliathus Control]>[Goliathus Speed]>[QcK]>止まる

WMR : CorePad C1 Large

2009.06.21 / WMR

WMR第3回、CorePad C1 Largeのレビュー。 (過去データまとめはこちら)
右上のポイントが印象的

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
CorePad C1 XXXL 900x450x4.7 2,980 0.74
CorePad C1 Large 455x405x4.7 2,480 1.35
CorePad C1 Medium 325x290x4.7 1,980 2.10

形状は正方形に近く、角の部分が大きく丸まっているのが特徴。小さいサイズがないので、ゲーム以外、例えば会社に持ち込んで使うなどの用途に割り当てるのは厳しい。XXXLは非常に横に長いが、これは殆どの巨大サイズパッドに共通する点である。おそらくキーボードの下にまで敷いて使うことを想定しているのだろう。また二つに切って片方を予備として使うなどする強者も存在するらしい。価格サイズ比は優秀なほうで、XXXLの優秀さは言うに及ばず。ちなみに現在(6/21)arkでボーナスセールの対象となっており、ここに示した通常時の価格より更に980円安く買うことができる。

2.外観・手触り

左下にはロゴ、右上にはCorePadのマークが印刷されている。白や単色でロゴが入っているだけという製品が多い中で、目を引くデザインといえる。網目は縦横斜めに、QcKよりはやや荒めに走っている。指で撫でるとややザラザラしており、毛羽立ちのようなものは全く感じられない。

3.マウスの滑り

Goliathus Speedほど平坦ではないが、QcKよりはざらつきが少ない。なにより非常に軽く、止めるときにも抵抗が感じられない。もちろんそれは同時に止めづらいという事を意味する。また角の立ったソールでは引っかくような感触が強く、滑りもだいぶ落ちる。ベースのゴム部は結構硬いため、厚さの割には力をかけたときの変形が少ない。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x2 3.0
Razer DeathAdder 1円硬貨x2 3.0
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x3 4.5

Razer Goliathus Speedと全く同じ結果となった。してみるとQcKがIME3.0とあまり相性が良くないということかもしれない。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 発生せず 発生

Razer Goliathus Speedと同程度のように感じられた。

総括

布パッドの中では最もよく滑るとも言われているC1。それが事実かどうかは今後の企画の展開を待つとしても、メジャーな製品の中ではかなり滑るパッドであるのは確かである。滑るパッドがほしいが硬質素材は好きでないという人にお勧め。有名なメーカーのものなのでそこそこ入手しやすいのも魅力である。

滑る>[C1]>[Goliathus Speed]>[QcK]>止まる

WMR : Razer Goliathus Alpha Speed

2009.06.20 / WMR

WMR第2回、Razer Goliathus Alpha Speedのレビュー。 (過去データまとめはこちら)
縦方向に狭い

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
Razer Goliathus Alpha Speed 444x355x4.3 3,480 2.21
Razer Goliathus Speed 355x254x4.0 2,980 3.30
Razer Goliathus Omega Speed 270x215x4.0 2,480 4.27

Alphaのみ0.3mm厚いが、この程度の差は使用感に大きな影響を与えないと考え(実際、一時期Alphaとノーマルをメイン機とサブ機で同時に使用していたが、厚みによる使用感の差は全くなかった)、これら三製品をバリエーションと見なした。意外と縦に狭いので、縦方向の解像度を絞っている場合には大きな動きに対応しきれない場合がある。Razer製品らしくというか、価格サイズ比は高め。特にOmegaはちょっとひどい。

2.外観・手触り

左下にはロゴ、右上にはお馴染みの蛇マークがあしらわれている。双方とも印刷されており、周囲部分との手触りの違いは感じられない。ロゴ部にはギリシャ文字でAlpha、Omegaの表記もなされている。網目は縦横斜め方向、起伏は非常に小さいように感じられる。

3.マウスの滑り

スーッというノイズレスな感触が特徴で、程よく滑り程よく止まる。動かし始めは滑らかだが、止まるときに柔らかく受け止められるような感触があり、停止後に素早く再始動させるとやや抵抗を感じる。厚みがあり、ベース部も比較的柔らかいので、力を上から加えるとよく止まる。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x2 3.0
Razer DeathAdder 1円硬貨x2 3.0
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x3 4.5

QcKと比べて、IME3.0のリフトオフディスタンスが一枚分低くなっている。しかし予想通りというべきか、1.5mm単位の計測ではなかなか差が出てこない。もっと細かく測る手段を目下思案中である。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 発生せず 発生

体感ではほんの僅かにQcKより発生しづらい気もしたが、正確に計測する術を持たないため何ともいえない。

総括

Razer製品というと癖が強い印象があるが、この製品は滑りと止まりのバランスが取れ、入手性にも優れた優等生である。取り扱う店の多さこそQcKに劣るものの、全国のRazer Elite店で展示されているので、触れる機会という点ではこちらのほうが上かもしれない。最大のネックはRazer製品ゆえの価格の高さか。なお新品時のゴム臭が相当強烈なので注意されたし。

滑る>>[Goliathus Speed]>[QcK]>止まる

<<  Top Page  >>