Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Razer Swithblade

2011.01.07 / News

Razerが、驚くべきことに携帯用PCゲーム機Swithbladeのコンセプトを発表した。 (4gamer記事) (negitaku記事) 携帯用ゲーム機が幅を利かせ、PCの小型高性能化も進んだ現在、ゲーム用携帯PCという発想は確かに面白い。キー数の不足をカスタマイズ可能なLCDキーの搭載で補うというのも(コストを度外視するならば)良いだろう。しかしマルチタッチスクリーンがマウスを代替できるのは、マウスをポインティングデバイスとして使用しているゲームに限られる。早い話がFPSやTPSのプレイは絶望的である。かといってUSBポートにマウスを繋いで遊ぶというのは携帯用ゲーム機としていかにも不便である。第一通信環境がWifiと3Gというのがそれらのゲームをマルチでプレイする上ではどう考えても終わっている。Atom+Windows7という親しみやすい、しかしいかにもパワーの不足しそうな組み合わせから言っても、キーボードのみで操作できて負荷も小さい2Dゲームを遊ぶのが最適だろう。Steamのインディーズゲームをプレイしたりするには意外といいかもしれない。

まあコンセプトデザインの段階であまり考えすぎても仕方がないので、大人しく続報を待つこととしよう。しかし最近のRazerはなんだか手を広げすぎのような気がするのだが、大丈夫なのだろうか。

  Top Page 

Comments

Submit a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。