Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROCCAT Kone[+]

2010.08.21 / News

ROCCATからレーザーマウスKoneのアップグレードモデル、Kone[+]が発表された。 (4gamer記事) (negitaku記事) 9月中に発売予定。Koneについては昔の紹介(当該記事)を参照して頂くとして、ここでは主に変更点について見ていく。まずセンサーが最大DPI3200のものから6000のものへと換装されている。インパクトはあるが、6000ものDPIを必要とする人間がいるのかは甚だ疑問である。数値的なところでもう一つ、本体メモリの容量が128KBから576KBへと増加している。こちらも需要はやや怪しいが、より多くのマクロが記録できるようになっているだろう。ボタンの数や構成は同じだが、サイドボタンのピアノブラック加工が廃され、ホイールには凹凸が付けられ、ホイール前後のボタンが大きくなり、全体的に使い心地が向上していそうな印象を受ける。機能面での進化としてはPyraと同様のEasyShift[+]機能の採用が挙げられる。これはそのキーを押している間は別のキーマッピングを適用するという、キーボードでいうところのShiftキーのような機能である。サイドボタンを押しながらクリックするというような操作ならばゲーム中でも実用は可能だろうが、どちらかというとデスクトップや一般アプリで使えるショートカットキーを増やすという使い方のほうが適していそうだ。ゲーミングマウス界においてはこういったとにかくスペックを上げて機能を山盛りにする、という手法は徐々に廃れつつあるように思われるが、果たしてこの製品の評価はどうなるか。

  Top Page 

Comments

kuro
ドスパラ本店の店頭にあったので試してみた。マウスの読み取り精度が上がっている様子。ホイールに関しては明らかに使いやすくなってる。Koneがクリック感があまり無かったのに対し確実なクリック感が得られる。ドスパラの秋葉原本店にいけば両方おいてあるので試してみれば、よく分かる。イージーシフトとかの機能はゲームではかいてある通り使わないですね。FPSとかでは特に
ただ、Koneが読み取り損ねるマウスパッドを使用した際にも確実に操作できる印象を受けた。多機能になった部分はおいておいても ホイールの改善とセンサーの違いだけ見ても明らかにこっちのがいい。
オプティカルマウス並みにぶん回しても変な動作をすることも無く好印象をもてた。微加速はあるような気もするが気になることはない、また1ドットづつ動かしていっても特に飛ぶこともなかった。(koneでは発生することがある)
最近でたマウスの中ではかなり良い部類に入ると思うXaiの形が個人的にはジャストフィットだったが、キーバインドとマクロにバグ持ち、直線補正が切れない、Rezerの3.5Gセンサーはマウスパッドの相性問題が非常に厳しいしやはり問題があるが、マイクロソフトはワイヤレスにした為微細な感覚的にしか感じるか感じないかのレベルなのだろうが遅延を感じたワイヤードにしてポートレートを上げてあの奇抜な形をやめてくれれば候補にあがるかもしれないが現状そういう製品がでていない、ロジクールのG700はワイヤレスで使っても非常に遅延もなくマウスパッドとも相性もほぼない上便利だが、キーを増やしすぎたのとワイヤードで使う際のケーブルが硬すぎる事またハズレを引くとケーブルあたってマウスが微妙に浮いてしまう事スイッチ類がメインの右左クリック以外が押し分けはできるものの直感的に押すと誤爆しやすいのとG500同様ホイールのノッチが甘い為G9シリーズのように操作しようと思うとなると違和感やしっかり回りきらないなどがある。
そういった不安要素を感じなかったし細かいギミックや機能が入っているいないに関わらず基本的なポテンシャルが高い印象 入荷したら買う予定。
店員に聞いたところ入荷はまだ未定だそうです。
Wolfodg
>>kuro
店頭試用でのレビュー有難うございます。
最近マウスは尖りすぎた製品が多いので、無難に使える製品になれば意外と支持を集めそうですね。
kuro
人柱覚悟で購入。何故かというと代理店であるドスパラが頼りない。
①入ったら伝えてくれる旨伝えておいたのに連絡来なかった。
②保障が1年のみ壊れたら修理なしだそうだ・・・。まあこの辺は苦情を入れておこう。
③秋葉原本店にはあるが町田店で購入した為、買う直前に試せなかった。
④どこぞのレビューでドライバいれないと動かないからアンチチート(これは正直どうでもいい)にかかる恐れがあると書かれていた。

数時間使ってみた感想。本店で試したときより好印象。R社のようなマウスパッドを極端に選ぶようなことはなくむしろロジのようにどこでもどんなマウスパッドでも無難に動く。本店で試したときよりも安定した場所においてある為だと思うが、まったく飛ぶ気配も加速も切れば完全に切れる印象(微加速はあるかも後検証予定)。
布系、ソリッド系、プラ系、ベニア板、ムクのアルミ板まで追随する。究極のマウスパッドシリーズ2色とも平気。普通の安いマウスパッドも平気。今メインで使ってるダーマのDRTCPW35SDもバッチリ動く。なにこの対応幅の広さレーザーマウスなのに、ガラス系のマウスパッドは残念ながら割れてしまって今手持ちに無いので試せなかったのでデータが取れなかったが多分動いてしまうんじゃなかろうかと思わせる。恐るべしROCCAT代理店がもっとしっかりしてればもっと売れるんじゃないかと。
センサーの性能が仇となってか未調整の状態だとリフトオブディスタンスは長め10円玉4枚くらい(DRTCPW35SD使用時)

④で懸念だったドライバレスでキー設定が有効かというのはなくても有効でした。(マクロは試してないので後)ただ、windows7だと標準で挿した時にドライバを正しく認識し勝手に拾ってこようとするので強制的に標準ドライバをいれてみたがキー設定とうすべていそうな感じ。

と良いこと尽くめな感じだが、問題が3点ほど1点はドスパラの修理体勢、2点目はサイドキーが後ろ過ぎる大きめのマウスパッドなのでかぶせ持ちで行こうと思ったが手の大きい人だとかぶせ持ちとつまみ持ちの中間の持ち方になる。3点目乾燥肌の人は滑ります、サイドにグリップ用のシールを貼った方がよさげ、手汗が多い人はちゃんと持てると思うが乾燥肌の私としてはすべる・・。G9シリーズのザラザラの方のような加工が良かったなと。

KONEとの比較はセンサーの質が良くなってる。スクロールがクリック感がちゃんとある為誤爆しない。派手になってる。イルミネーションとして使えるじゃないかと。リフトオブディスタンスに関してはKONEのが優秀だったかもしれないがまだ未調整なのでなんとも言えないが。

総評:ここしばらくのマウスを色々試しているが上位に食い込むことは間違いないサポート体勢は強化して欲しいところ、ケーブルは布巻きではなくビニールだが若干固めまあ最近試したゲーミングマウスの中では柔らかい方か、ケーブルの長さが長い為、ケーブルアンカーはあった方がいいかもしれない。
注意しておくがROCCATのじゃなく自分で作った物で十分というかROCCATのは激しい動きをさせると動くので自作した方がよさげ、持ちやすさはXaiがここ最近のマウスでは私的にNo1なのだがキーバインドにバグ持ちなのと直線補正切れないので実質サイドキーが死んでるのとファームウェアを更新全然してくれないところを見るともはや仕様なのかと。まあ 1個は持っていても損はないかもイルミネーションは適度な明るさで操作の邪魔になることはないけど見てるだけで楽しめる。スイッチ類は全般的に反応がいいサイドもタクトじゃなくてマイクロスイッチ的な音。

もう一点だけマウスのソールが独特すぎる形なのでテフロンシールなどで保護しておくのが無難かも。カグスベールとかで代用するなら大判のやつを買ってきて方を取って加工するしかないかも既存のほかのマウスソールは多分前側には使えるが、後ろ側には使えない細い「ひ」の字のような形をしている為専用のマウスソールの販売をして欲しいところ。

ただやっぱり一番の問題はサポートとドスパラの人の知識の無さと代理店なら熟知しておいて欲しいというかマウス販売担当とかやってる人は自ら使いこんで最低限の機能くらい覚えておいてくださいと。店によってはドライバのインストールの仕方も知らない人も居るんで注意。
パッケージの中にディスクが入ってるのと、ROCCATのHPからダウンロード可能、7以降であれば挿せばKONE+として認識するのでドライバもそのままダウンロード出来そうです。もし本店で試したいという人は予めメールで本店に問い合わせをしておくといいかもわからないなりに調べてくれる店員さんが居るのとテスト環境もしっかりいく日を伝えておけば用意してくれます。自分の愛用のマウスパッドを持っていっても使わせてくれました。ハコについてはR社製と似てる磁石が入っている手前の蓋部分といい箱の質感といい明けるときは慎重に開けないと箱が壊れます。慎重にあければ傷つける事無く開封できますので開けるときは箱を取っておきたければ落ち着いてゆっくり開封することを薦めます。
もう少し使い込んだらまたレビュー載せて置きます。
Wolfdog
>>kuro
詳細なレビュー有難うございます。
さすがadns-9500は優秀ですね。ソフトウェア周りに難ありなのはROCCAT製品のお約束なのでしょうか。
自分も早いところKovaのレビューを書かねば。
koro
使ってると 細々と見つかる不具合というか気になる点が幾つか浮上。錘を一個も入れないで使用していると蓋が外れる・・・。ドスパラに電話をしたら店にあるのはそういことは無いというので後日店に行くことになりそうだ。専用駐車場も契約駐車場も無いのでガソリン代と合わせて1000円くらいになるのに毎度毎度ドスパラはやってくれる。
あとスイッチ類が他のマウスに比べメインスイッチ以外のスイッチがうるさい特にチルトがチルトなんて滅多に使わないけど使った時にスクロールに誤爆するような物では使い物にならないのでテストしてみたら誤爆はなしだがカチッとはっきり大きな音がする黒軸のカツカツ言う打鍵音が気にならない人なら問題ないが夜間そばで人が寝てる状況では使い勝手が悪い。おそらくここ最近でたマウスの中で1、2を争うくらいの音というかここまで大きい音のするチルトキーは初かも。

マクロについて試してみた1ms単位でディレイを入れられるが海外製マウスにありがちな いわゆる英語圏のキーマップの文字入力になるつまり¥とかそういうのは入れることは出来ない。設定にはドライバ等を入れる必要があるが使う分には必要なし。きっちり再生してくれる。何文字かまで調べなかったが相当長いマクロが組めそう。
ただ売りであるイージーシフトがサイドキーにしか割り振れない!!意味無さ過ぎ。メインのスイッチすら設定変更できるのにそのスイッチはサイドキーだけしか割り振れないとか意味わからない。
イージーシフトを使わない場合ロジのG9と実質ボタンの数変わらない気がする。キーマップ切り替えボタンに1個、DPIのアップとダウンに1個づつ。残るはサイドキー2個とメインスイッチとスクロールとチルト。スイッチいっぱいあると思って買っては駄目ってことだな。イージーシフトなんてFPSでやってたら死亡率上がりそうだし。
まあ マクロの設定ツールとかは普通というか視覚的にわかりやすさは結構高いかもしれない。マクロ機能は使わないに等しいので正直キーバインドをしっかりしてくれれば良いので気にしない。

特殊な機能のタイマー機能はさすがにドライバが入っていないと動かないようだ。
なんていうか渋い感じの男の人の声で5、4、3、2、1、GOとかいわれてもな、面白いけどきっともうこの機能は2度と使わないだろう。
9000円するマウスと言われると若干高級感に欠ける気もするがFPSユーザーも手の大きめな人なら選択肢に入れてもいい製品。ただサポートが頼りない。
海外メーカーも含めてマウスの保障期間は3年が一般化しているのに1年。しかも壊れたら修理なし(有償修理もってことで)町田店および本店で確認を取ったのでこの件は間違いないようだ。代理店としてそれでいいのかドスパラ・・・。
長期間愛用したい人はストック含めて沢山買っておけということかもしれん。代理店ならスイッチ類の消耗品とかセンサー類とか部品さえあれば直ぐにマウスなんて修理できるのに直すつもりはないぞと戦線布告されたきがした。
つまりだ。壊れたら新品交換オンリーってことか!!

あとROCCATのソフト周りが弱いとかいったらRazerはどうしたら・・・。ロジのセットポイントもかなーり酷い気がするのね。
SteelSeriesがドライバ更新とかもっと頑張ってくれればいう事なしなんだが、いかんせん放置プレイ。Xaiのキーバインドのバグと直線補正の切れないバグはいつ直りますか(涙)
ただはっきり言おうHPからドライバのダウンロード速度が一番遅いのはROCCATであるとw
HPが重いのは間違いなく群を抜いてRazerだけどね。

あーところでどこぞの有名サイトにあったレビューのドライバ入れないと動かないぞとかいう記事は実験してみた結果嘘ってことかな標準のマウスドライバでマクロも動く そりゃー576KBもメモリ搭載してれば当たり前かとも思ったけど。

もうひとつ気づいたSandyBridge祭りに乗り遅れた。
Wolfdog
>>kuro
考えてみたらどこの会社も結構ソフトウェア周りはひどいですね。
ゲーミングデバイスのお約束と書いたほうが良かったかもしれません。
多機能製品は使わない機能分の価格をもったいなく感じてしまうのが難点ですね。
kuro
ドスパラに交換に行ってきました。
どうやら個体差があるようです。交換したKONE+は、振った程度では蓋は取れません。但し布系マウスパッドでゲームをやられる方で重りを入れたくない人は瞬殺で蓋が外れるので要注意。外れ易いのは仕様のようです。
もしかしたら 重りを入れたくない人は蓋も外して軽量化という事('Д')?
まあ 購入の際は店頭で買って即開けて振って見てカタカタ音がしたらハズレなので即交換してもらった方がいいかも。ちなみに交換してもらった物は、検証用に店頭で電話した時にチェックした物と交換だそうです。ドスパラ町田店の店員が不器用なのかデリカシーが無いのか。シリアルが箱に書いてあるので元の箱にできませんので、店員が箱を開封した物となったのですが。箱が破れてる・・・。色々な所が折れまくり消耗品で箱だからいいじゃんとかいうかもしれないけど、しょうじゃないんだ売るとか売らないとかそういう問題じゃなく綺麗に開けて箱も保存というかゲーミングマウスの箱の高級モデルは全部ポイ捨て用のじゃないのに。

箱は中古より酷い物になりましたが本体はマシになりましたが、やはり蓋が外れるんでもうテフロンテープでソールと一緒に保護というか外れないように固定。
Razerのとあるマウスの時に改造しないと使い難かった記憶がおぼろげに蘇る。

とりあえず自分のにやっとなったという感じなので総合評価を。

・センサー 
非常に良い文句なし、ここ最近の物で多分1番。ドライバで設定すればリフトオブディスタンスをセンサー感度と引き換えにですがほぼ無しにできる。引き換えと書いてあるがそこまで酷くないちゃんとしたマウスパッドで使用している限り感じないと思われる。
・ソフト周り 
まあまあ。ロジクールの様に日本語キーボード対応と大量メモリを搭載しているなら使う人には多分マクロ機能を強化してあげた方が良いと思われる。
・作り 
製品最終工程で多分チェックが甘いメイドイン チャイナにありがちな事ですけどね。物作りの国ドイツの製品ならチェック位して欲しいところ(日本の最近のマウスもだけど)
・構造や表面処理 
滑るのでグリップなどをつけた方が良いと思われる。
・問題の重りの蓋 
これは致命的ゲーミングユーザー向けの製品としてあるまじき仕様ここは改善してほしいところ。
・サポート
これが多分一番の問題。他社製品が3年保障でしかも保障期間が終わっても修理に応じるのに対して1年保障、保障期間が過ぎたら修理なし、そして店員の製品に対する愛も知識もなし。
ドスパラその体制をなんとかしないと多分客は逃げるぞと。

・総評 70点(100点中)
まあ激甘で評価して。ホイールに関してはロジのG9のが遥かに上質高速ホイール回転とクリック感のはっきりした感じには勝てない。
日本語キーに対応していない部分。マウスがすべり易い部分、蓋が取れやすい部分、ボタンがカチカチ五月蝿いのと サイドキーが後ろ過ぎるのが主な本体構造やソフトへのマイナス要因だが、それを覆い隠してしまう位色々なマウスパッドや面で読み込みが出来るのと何気にきれいなLEDの照明とかでまあ何とかなりそう。
じゃあ-30点はどこかというと日本代理店のドスパラの代理店としての意識の無さとやる気の無いサポートが主な理由。
本家のファームウェアの更新などは結構頻繁に行われているようでまあ 好感が持てる。
何度も書くがどこぞのレビューで書かれていたドライバやソフトを入れなくてもしっかりマクロとかちゃんと動作するのでマクロ使いの人は安心して良いかもしれない。キーバインドもマクロ再生に関してもミスなく再生されていた。(重めのソフトを走らせた状態でもミスなし)
イージーシフトでシフトした状態でオンラインのIDやパスを保存しておいて作業の省略などに活用やゲーマーじゃなくてもプロファイル自体も複数入る上にシフトもできる為プログラムや他の作業の効率化にも一役買いそう。
メディアプレーヤーもソフト無しの状態で割り振ってもコントロールできるようなのでそういった使い方も有かも知れない。
ソフトは買わなくても本家からダウンロードできるので入れてどんな設定ができるのかを見てみるのも購入予定がある人ならありというかドスパラの人に聞いても意味不明な答えが返ってくるので、自分での下調べは必須。本店にいけばとりあえず現物には触れる。あとたまたま運が悪くてハズレを引いたのかそれとも頻繁にあることなのか判らないのでなんとも言い難いところだが、店頭で買って買ったら即開けて蓋とかがカタカタ音がしないかなどは確認し検証用のマウスは店員に開封してもらうのではなく自分で開封した方がよさそうだ。電話で確認するともれなく先に開けられて待ち構えられてるので二度手間になるし購入直後に確認するのがよさげだ。


>>Wolfdogさん
確かに使わない機能が盛りだくさんだと勿体無いような気もするけど携帯だって全機能は使わないからあまり気にしないかな。欲しい機能と性能が使えれば問題ない。
Wolfdog
>>kuro
ようやくひと段落といったところですか。
性能は良くとも作りと代理店サポートに不安、ということで、ドスパラ店舗に足を運べる人向けですかね。
kuro
>>Wolfdog
とりあえず物はダーマポイントのように壊れやすい物ではないので、店舗にいって買って即チェックして初期不良がなければ多分問題なく使える物だと思います。
ファームウェアやドライバの更新は本家のサイトをみればわかりますが、かなり頻繁に行われており気付かない程度のバグなども直ぐに修正を行っているようです。
日本代理店のドスパラのサポートに不安があるだけでそれ以外は他のメーカーに引けを取るどころかファーム更新の頻度を見る限り信頼のおける物だと思われます。
あと 故障や不具合があった場合は修理対応ではなく多分全部新品交換になりそうです。マウスの修理なんて部品さえあれば素人でもできるものをと思ってしまいます。未だにホイールさえないボールマウスすら生きているというのに(スイッチ部分は交換しましたが)。
あとは購入するときにドスパラの店員に聞いてもパッケージに書いてある程度の事しか知らないので事前に本家のROCCATのHPから情報を仕入れて置く事ぐらいですかね。
レーザーマウスなのにぶんぶん振り回しても追いついてこないっていう事は感じられないので、かなり優秀なだけにドスパラのサポートが残念でならないと言う感じ。
通販で買ってしまうと送料とかが掛かってしまうので店頭に行って店舗の近くで開封して蓋の緩みなどが無いかチェックはした方がいいですねぇ。重りの蓋の部分は重りを一個でも入れればしっかりと固定されるんですが、入れないと緩めなので特に布系のマウスパッドを使ってる人だと外れてしまう可能性が高い。ハズレを引いた場合は容赦なくなにも触れない状態で空中で左右に振ってるだけでも外れてしまうので。メイドインチャイナにありがちな作りが甘い、もっと言えば作った後のチェック体制とかも問題があるのかもしれませんが、その辺はどこのメーカーもほぼ一緒なので何とも言い難い所ではあるんですけどね。
その不具合があったとしても1個つまり5gの重りを一個でもいれれば解消するので気にしない人なら他の部分は問題があるとは流石に思えないので通販でもいいかもです。最悪 軽いのが良いと言う人なら蓋自体を外して置くかテープで止めてしまう手も。

Submit a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。