Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G50 Vanguard コンセプト

2010.08.03 / Misc

Logitech G50 Vanguardなるエルゴノミクスマウスが某所で話題になっていた。これはデザイナーDamien Crossanによるコンセプト作品で、継続的なマウスの使用による手指の損傷への対策を目的としている。ほとんどグローブのような形状は特徴的というほかないが、手を自然な形状で休めることができ、加えて手首に重みをかけたり指で挟み込んだりという動作を必要としない為、肉体への負担が和らぐのだという。通常のスクロールホイールに代わって採用されているのは親指で操作するスクロールトラック、要は小型のベルトコンベアのようなものらしい。二つのサイドボタンとLogitech一部製品のような横スクロールホイールも搭載しているので、親指の操作量はかなり多くなりそうだ。またそれぞれの詳しい配置は不明ながらボタンは合計11個で、全てのボタンやトラックは機能をカスタマイズ可能となっている。無線で動作し、USBケーブルを繋ぐことで充電できるようだが、バッテリーの形態はやはり不明。センサーについては残念ながら一言もない。

エルゴノミクスという言葉が入力機器業界で流行り始めた頃、ここまではいかずとも幾つか極端な形状のものが現れたが、ずっと同じ持ち方を強要されるためにかえって疲れるという評価が多かったように思う。果たしてG50はその評価を打ち破ることができるのだろうか。いやそれ以前にまず商品化されるのだろうか。

  Top Page 

Comments

Submit a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。