Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DHARMAPOINT DRTCM15

2010.06.16 / News

DHARMAPOINTが新作マウスDRTCM15を発表した。 (4gamer記事) (negitaku記事) センサー位置が親指と人差し指の間辺りというのが最大の売りである。ゲーミングマウスではないが、以前にSCOPE NODEというマウスが同じような位置にセンサーを搭載し、「ペンを握っているような使い心地」と謳っていたのが思い出される。センサー自体は最大DPI5040のレーザーということで、G9xなどに搭載されているADNS-9050と予想される(6/18訂正:ADNS-9050ではなくADNS-9500)。また、湾曲したフォルムと底面に向かって切り込んでいく側面という形状もなかなか特徴的である。ホイールはチルトに対応するが、底面のスライドスイッチによって無効化することもできる。ポーリングレートとリフトオブディスタンス調整機能も備え、多機能とはいわないまでも必要とされるものは一通り揃っている印象である。あとは何かにつけて話題になる耐久性さえしっかりしていれば、これは非常に面白い製品となる予感がする。

  Top Page 

Comments

UnnamedPlayer
ADNS-9050ではなくADNS-9500だと思われます
G9xのセンサーはなかなかのものだったので期待したいですね
Wolfdog
>>UnnamedPlayer
ご指摘有難うございます。訂正しておきました。
耐久性さえなんとかなれば良ブランドだと思うので、今度こそ丈夫であって欲しいですね。

Submit a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。