Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Razer Carcharias Review

2010.01.16 / Reviews

Razer Carchariasレビュー。因みにゲーミングヘッドセットを買うのはSteelSeries 5Hv2、Creative Fatal1ty、DHARMAPOINT DRTCHD01BKに続いて4台目となる。

Razerらしく黒一色でまとめられているが、ピアノブラックの多用が少々安っぽく感じられる。装着感は極めて良好。軽量で側圧も弱い割にイヤーパッドや頭頂部のクッションが分厚いので、頭にかかる負担は非常に小さい。代償として固定具合はやや弱くなっているものの、普通に使っていて不便を感じることはまずないだろう。イヤーパッドは滑らかな布製で、耳全体を覆うのに十分なサイズがある。金属製のレールによってサイズを無段階に調節できるのは良いのだが、固定機構がないため装着する度に位置を決め直すのが面倒に感じる。音質傾向はフラットに近く、バランスの取れた冷静な印象。ただ高域が鋭いので、ETのヘッド音のように金属的な音を聞き続けると疲れるかもしれない。全体的にDRTCHD01BKとよく似ているが、比較するとCarchariasのほうが中域がクリアで低域が強い。マイクは水平方向にあまり自由が効かず、口の左端辺りまでしか持ってこられないのが気になる。マイクの音質は良くはないが酷く悪くもないというレベル。

この機会に他のヘッドセットと併せてまとめると、5Hv2は音楽や声の聞こえ方が不快でマイクの品質も劣悪だがとにかく効果音を認識しやすい、Fatal1tyは低域がブーミーで全体的に小さめなのを除けば悪くない、DRTCHD01BKは中々の音質と流用可能なマイクが魅力、そしてCarchariasは良音質に良装着感だが特別FPS向きではないといったところか。音楽などを聴きながら長時間だらだらとVCするには最適の機種であるように感じた。

  Top Page 

Comments

Submit a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。