Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mystic?

2008.11.10 / News

Lineupにmysticの名前があると話題を呼んだSektor vs rrNを観た。果たして、mysticと名乗るplayerが確かにプレイしていた。ETTVでは当然、これが本当のmysticなのかと議論が巻き起こる。本物にしては弱いという人あれば、ブランクによる弱体化は当然という人もあり。即座に結論が出るような話ではなさそうだし、今後の動向にも注目したい。

その後はovr vs mamut.siも延期になったことだし、TLR改めbb vs vaeを観た。GRではbbがvaeを蹂躙。このまま圧勝かと思えばvaeがSupplyを競り勝ち、DeciderのRadarをbbが取って4-2で勝利。bbはFFと準決勝を、vaeはS.N.Bと敗者復活戦Round2を戦うことになる。

ハンドガンやナイフを咄嗟に出せるよう、マウスにバインドする人は多いと聞く。自分もそうしてみようかと考えたが、既にマウスのボタンは全て塞がっている。そんな時、TC:EのwikiにてShift+マウスボタンで武器変更スクリプトを発見。そういえばこういった形のスクリプトがCONfig wARSにて解説されていた。解説を参考にShift+MOUSE1にSMGといった調子でバインドしてみる。前進しながらハンドガンを持ったり、右に進みながらグレを握ったり、今までは難しかった動作が楽にできるのは実に良い。慣れるまではデフォルト位置の武器変更も残しておくが、いずれ完全に移行して、空いた「一等地」に現在遠くて押しづらいキーをバインドしたいところだ。

追記:交流戦では、噂のexec読み込ませすぎbugか落とされてしまった。残念だが、封印せざるを得まい。

HHK Professional2に日本語配列が登場するようだ。HHKには以前から日本語配列のものは存在していたものの、そちらはメンブレン式で安価なLite2、Pro2とは基本的に別物といっていい。やや変態配列なのは気になるが、カーソル付きPro2と考えれば需要はあるか。ゲーマーに人気の静電容量無接点式といえばRealForceが挙げられる。それと比較したときにHHKの最大の魅力といえるのはそのコンパクトさだろう。今回の新製品も294×110×39.9mmと非常に小さい。机は小さいがマウスパッドは大サイズを使いたい、という人には支持されそうだ。あるいはキーボードをよく持ち歩くゲーマー……はあまりいないか。

  Top Page 

Comments

Submit a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。