Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WMR : ZOWIE GEAR G-TF

2009.10.18 / WMR

WMR第15回、ZOWIE GEAR G-TFのレビュー。 (過去データまとめはこちら)
正方形に近く、かなり大きい

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
ZOWIE GEAR G-TF 440x380x4.0 3,980 2.38
ZOWIE GEAR P-TF 340x290x4.0 2,980 3.02

サイズは中と大の二種類で、両方とも比較的正方形に近い。中サイズはややコストパフォーマンスが悪い。

2.外観・手触り

左下に塗料でSpawNマーク、右上に布製のZOWIEタグが付いている。表面はざらざらしており、なるほどプラスチックに近い感触ともいえる。凹凸の大きい布パッドというコンセプトはGoliathus Controlに近いが、こちらはより細かく、癖の少ない感触である。

3.マウスの滑り

滑りはかなり良好で乾いた感触、布パッド特有のもっさり感は小さい。ざらつきはかなり強く、ソールを擦る音が気になる人もいるかもしれない。滑りといいざらつき具合といいCorepad C1とGoliathus Controlのちょうど中間に位置するようなパッドである。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x3 4.5
Razer DeathAdder 1円硬貨x2 3.0
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x3 4.5

IME3.0の値がやや高い。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 僅かに発生 発生

GM-M8000において、やや早い段階からネガティブアクセルが観測された。

総括

第一作のRFシリーズは撥水性を前面に押し出した色物という印象が強かったが、こちらはプロゲーマーの慣習の下で製作されたというだけあって独自の魅力を持つパッドに仕上がっている。滑りの程度はともかく、滑りの質に関しては、『プラスチックのような滑り』という謳い文句はあながち間違っていないように感じられた。プラは滑りすぎるが布のもっさり感も苦手、そんな人にお勧めしたい製品である。

滑る>[CT 1.5mm]>[Aqua 3]>[SMART PAD]>[C1]>[G-TF]>[Goliathus Control]>[Goliathus Speed]>[X7-MP500]>[DRTCPW30C]>[MP1000]>[Fat Mat]>[P-RF]>[QcK]>[kabuto]>[GP-MP8000]>止まる

  Top Page 

Comments

Submit a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。