Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WMR : DHARMAPOINT DRTCPW30C

2009.10.03 / WMR

WMR第13回、DHARMAPOINT DRTCPW30Cのレビュー。 (過去データまとめはこちら)
今回は都合により中サイズ

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
DHARMAPOINT DRTCPW80C 800x400x3.5 4,480 1.40
DHARMAPOINT DRTCPW40C 400x300x3.5 2,410 2.00
DHARMAPOINT DRTCPW30C 300x260x3.5 2,230 2.86
DHARMAPOINT DRTCPW25C 250x210x3.5 1,150 2.19

4種類と豊富なバリエーションは巨大から小サイズまでを手広くカバーする。大サイズ2種がそこそこコストパフォーマンスに優れる一方で、中サイズはやたらと高い。

2.外観・手触り

左下に塗料によるDPロゴが入っている。布目は非常に細かく、さらさらとした触り心地。

3.マウスの滑り

手触りから予想される通りのやや乾いた滑りで、布目を擦る感触が若干強い。ZALMAN MP1000とA4Tech X7-500MPのちょうど中間のざらつき、滑りであるように感じられる。初動や止めはスムーズである。厚みの割に硬いようで、押し付けによる変形は小さい。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x3 4.5
Razer DeathAdder 1円硬貨x2 3.0
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x3 4.5

IE3.0が若干高い値を記録した。QckやX7-500MPと同じ傾向である。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 発生せず 発生

この企画においては標準的な値が出た。

総括

国産ゲーミングデバイスブランドDHARMAPOINTの布パッド。程々の滑りと止まりで、難点といえばIE3.0のリフトオフディスタンスくらいである。特徴に乏しい製品と言うことも出来るが、少しデバイスに力を入れているPCショップなら大抵買えるというその良好な入手性は魅力。中サイズのコストパフォーマンスが悪いことに目をつぶれば、初心者の最初のパッドにもお勧めできる製品である。

滑る>[CT 1.5mm]>[Aqua 3]>[SMART PAD]>[C1]>[Goliathus Control]>[Goliathus Speed]>[X7-MP500]>[DRTCPW30C]>[MP1000]>[Fat Mat]>[P-RF]>[QcK]>[GP-MP8000]>止まる

  Top Page 

Comments

通りすがり
レビューリクエストに答えて頂き誠にありがとうございました。
他パッドとの対比、非常に参考になりました。
Wolfdog
>>通りすがり
個人の趣味レベルのレビューではありますが、お役に立てるならば幸い。
また何かご意見ご要望ご質問等御座いましたらいつでもお気軽にどうぞ。

Submit a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。