Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WMR : XTracPads Fat Mat

2009.09.12 / WMR

WMR第11回、XTracPads FAT MATのレビュー。 (過去データまとめはこちら)
やや横長だが、なかなかの大きさ

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
XTracPads Fat Mat 406x305x6.35 2,980 2.41

サイズは1種類のみ。やや横長だが、まず十分なサイズを持っていると言って良いだろう。また「Fat」というだけあって、厚みはこれまでに取り上げたものの中でも群を抜いている。コストパフォーマンスは可もなく不可もなし。

2.外観・手触り

右下部に白色塗料によるロゴが入っている。表面の網目が非常に細かいためか、手触りは滑らかで僅かに湿っているようにさえ感じられる。ふちの処理がいい加減で、ところどころほつれているのが気にかかる。

3.マウスの滑り

Qckのようなもっさりとした滑り心地。ソールとの相性が非常に出やすいようで、酷い場合ははっきりと引っ掛かりを感じる時すらある。この企画に用いているマウスの場合、GM-M8000はややざらつくものの良好、IME3.0(+HyperGlide)とDeathAdder(+HyperGlide)ではざらつきと引っかくような感触が強く、XL-750BKでは引っ掛かりが激しい。その他幾つかのマウスを試してみたが、滑らかに動かすことが出来たのはMambaのみであった。初動や止めはどのマウスでもスムーズ。厚みがある割には硬いので、押し付けによる変形は小さい。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x2 3.0
Razer DeathAdder 1円硬貨x2 3.0
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x3 4.5

この企画においては標準的な値が出た。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 発生せず 発生

この企画においては標準的な値が出た。

総括

表面が激しくソールを選ぶという困ったパッド。まさかソールによって使い心地にここまで差が出るとは、ソールに対する認識を改めさせられる思いである。ひょっとしたら同メーカー製のソール用テープやシールを使用すれば良い具合になるのかもしれないが、そこまで試す気にはなれない。相性の良いソールを使うという前提の上でなら、手首をつけて長時間プレイする人にはその厚みゆえにお勧めできるかもしれない。

滑る>[CT 1.5mm]>[Aqua 3]>[SMART PAD]>[C1]>[Goliathus Control]>[Goliathus Speed]>[X7-MP500]>[MP1000]>[Fat Mat]>[P-RF]>[QcK]>止まる

  Top Page 

Comments

Submit a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。