Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WMR : ZOWIE GEAR P-RF

2009.08.02 / WMR

WMR第9回、ZOWIE GEAR P-RFのレビュー。 (過去データまとめはこちら)
大サイズでもやや物足りない

1.サイズ・価格

製品名 サイズ[mm] 価格[円] 比率[円/cm^2]
ZOWIE GEAR P-RF 340x290x4.0 2,580 2.62

サイズは2種類あるのだが、厚さが異なっているために別シリーズと見なし、今回は大サイズのみを扱う。布パッドとしては平均的な大きさで、欲を言えばもう1サイズ大きいものが欲しい。表面の撥水コーティングにコストがかかるのか、価格はやや高め。

2.外観・手触り

右上に白色の塗料でロゴが入っている。サイズの割に高いのだからロゴの入れ方にはもう一工夫あっても良かったように思う。表面の網目は粗く、起伏が激しい。

3.マウスの滑り

ゴム質の粘りつくような滑りで、低速で動かすと特に抵抗が強くなるように感じられる。網目の感触は思ったほど強くは伝わってこないが、ソールに引っ掛かりがちなのが気にかかる。動かし始めたり止めたりする際には僅かに抵抗が感じられる。

4.リフトオフディスタンス

マウス 高さ[枚] 換算値[mm]
Microsoft IME 3.0 1円硬貨x3 4.5
Razer DeathAdder 1円硬貨x3 4.5
A4TECH XL-750BK 1円硬貨x3 4.5
GIGABYTE GM-M8000 1円硬貨x3 4.5

光学式マウス2種のリフトオフディスタンスが高い。

5.ネガティブアクセル

マウス 中速での程度 高速での程度
A4TECH XL-750BK 発生 発生
GIGABYTE GM-M8000 発生 発生

GM-M8000の中速時にも、はっきりそれと分かる程度のネガティブアクセルが観測された。トラッキング性能はあまり高くないようだ。

総括

耐水性で汚れに強いというのが売り文句だが、残念ながら当企画ではそういった点については検証を行っていない。とにかくゴムのような独特の感触を好きになれるかどうかがポイントとなりそうである。数値で結果の出るテストの結果は芳しくないので、汚れに対する強さを生かし、悪環境で気軽に使うのが向いているのかもしれない。なおパッケージには一部透明素材が使われていたりして、無意味にコストがかかっていそうな印象を受ける。

滑る>[CT 1.5mm]>[Aqua 3]>[C1]>[Goliathus Control]>[Goliathus Speed]>[X7-MP500]>[MP1000]>[P-RF]>[QcK]>止まる

  Top Page 

Comments

Submit a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。