Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年総括

2010.12.31 / Misc

自分にとって2010年は、本棚を買おうと思いつつも遂に果たせなかった年であった。

Razer Goliathus Extended

2010.12.27 / News

Razerが巨大マウスパッドGoliathus Extendedを発売した。 (negitaku記事) 920x294x4.3[mm]と、横に長い割には縦方向に狭いサイズである。この手の巨大パッドは過去にもいくつか出ているが、どの程度の需要があるものなのだろう。切って半分ずつ使うなどというのも、端の処理を気にしなければコストパフォーマンス的にありかもしれない。

Rainbow Six Vegas 2クリア

2010.12.26 / Games

Rainbow Six Vegas 2をクリアした。面白かったが、前作の拡張といっても通る内容なのは残念であった。
SSの1 SSの2 SSの3
SSの4 SSの5 SSの6

特殊部隊レインボーの一員となり、部下を率いてテロリストに立ち向かうという設定でお馴染みのRainbow Sixシリーズ、その最新作である。部下への指示とカバーアクションを駆使し、作戦ずくで敵を制圧していくのが楽しい。とりあえず目に入った敵を撃ちながら進むも良し、分担を決めて一斉に突入するも良し、部下を囮にして背後から敵に襲い掛かるも良しである。カスタマイズの自由度も特長で、武器欄には実在の銃器がずらりと並び、レーザーサイトやスコープを装着する事までできる。こうなってくると次のミッションに持っていく銃を選ぶだけでも十分に楽しめる。またアーマーと服装を細かく指定可能なのも、カバー時など三人称視点になることの多いこのゲームでは嬉しい要素となっている。

一つ大きな問題があるとすれば、先にあげた楽しさは全て前作でも体験可能ということだ。ストーリーが続き物なのはともかく、システムやインターフェイスまで前作からほぼ変わっていないのである。更に、今回のマップには一本道が多く多様な作戦を取りづらい、敵がたまにどうしようもなく愚か、部下が結構な頻度でスタックする、といった負の要素が加われば、必然的に評価は前作よりも厳しいものとなってしまう。取った戦法に応じて3タイプの経験地が得られるという新要素A.C.E.Sも、ステータス上昇や武器間の明確な優劣のないこのゲームでは、報酬アイテム集めを面倒にするだけのシステムとなってしまっているように感じられた。

良くも悪くも拡張版的内容なので、そこを割り切れるなら楽しめるだろう。経験地稼ぎの報酬は相当たくさん用意されているので、それを目当てにだらだらとフリープレイするのも良いかもしれない。全くの余談だが、タイトルになっている割には扱いの小さいシックス(指揮官)は、最近読んだ原作小説版ではちゃんと活躍していた。FPSで活躍する指揮官というのは想像し難いし、仕方がないことか。

ゲーム管理

2010.12.19 / Misc

最近はSteam以外のDL販売サイトもチェックするようになったので、出費もさることながら積まれている量がどんどんひどいことになっていく。更にHumble Bundleやらminecraftやらの個別販売ものも増えていくともう管理だけで一苦労である。下手をすると既に買ったゲームをもう一度別のサイトで買ってしまいかねない。何とかスマートな管理方法を見つけたいところである。

KF Twisted Christmas

2010.12.18 / Games

Killing FloorのTwisted Christmasなるクリスマスイベントがかなりひどい。
SSの1 SSの2 SSの3

こんな連中が陽気な声を発しながら迫ってくるのである。なかなか狂っていて楽しいと言わざるを得ない。また、最高難易度であるHell on Earth(MANOWARのライブではない)の追加や大幅なバランス調整など、真面目なアップデートも併せて行われている。もう随分前のゲームだと言うのにこうしてイベントやアップデートがあるというのは嬉しいことだ。

Razer Scarab

2010.12.17 / News

Razerがプラスチック系マウスパッドScarabを発表した。 (negitaku記事) (engadget記事) Razer Storeでは1/1に発売予定。位置づけとしてはDestructorの後継モデルのようだが、あの使いづらい形状ではなく素直な長方形になっているのは嬉しい点だ。サイズは350x250x3[mm]と硬質系パッドとしては無難なところ。Qpad Heatonの登場で巨大硬質パッド市場が開拓されたかと思ったが、その後の製品を見ていると別にそんなことはなかったようだ。

Sharkoon X-Tatic SP, SX

2010.12.16 / News

SharkoonのゲーミングヘッドセットX-Tatic SP、X-Tatic SXが国内で発売される。 (4gamer記事) 12/22に発売予定。PC以外にも、SPはPS3とXBOX360、SXはXBOX360で使用できるのが特徴。最近この手のマルチプラットフォームなヘッドセットが増えてきたように感じる。両製品ともPCに接続する分にはUSBとアナログの両対応だが、SXの方はマイク入力を利用するためにはアナログ接続必須というよく分からない仕様になっている。基本スペックは共通のようなので、PCでの使用のみを考えるなら、USBでマイクを利用したいならSP、そうでなければSXという理解で間違いないだろう。その他の仕様としては密閉型エンクロージャ、ドライバ直径40mm、ケーブル途中にボリュームコントローラーとマイクミュートスイッチ搭載、マイク取り外し可能といったところ。基本的にはコンシューマ市場を狙った製品なのだろうし、今ひとつ面白みに欠けるのは致し方のないことか。

Shogun Bros. X-1

2010.12.12 / Misc

Shogun Bros.なるメーカーがマウスの裏面がゲームパッドという衝撃的な製品Chameleon X-1を発表した。 (engadget記事) コロンブスの卵的発想といえよう。誰が得するのかは置いておいても。

Tt eSPORTS 日本上陸

2010.12.10 / News

COMPUTEX TAIPEI 2010のときに紹介した(当該記事)Thermaltakeのゲーミングブランド、Tt eSPORTS製品が国内で販売開始された。 (4gamer記事) (negitaku記事) 個人的には露骨なRazer臭を振りまくマウスAZURUESが気になっていたのだが、上陸第一弾製品には選ばれなかったようで残念である。

BBCSII

2010.12.09 / Games

近所のゲームセンターにBLAZBLUE CSIIが入荷していたので遊んできた。初日だけあって中々の賑わいであり、この機会にちょっと本腰を入れてみようかと思う程度には楽しかった。今後は平日帰りが早いときにでも寄ってみるとする。

Dospara DP-GMP-001

2010.12.03 / News

ドスパラがDosparaなるゲーミングデバイスブランドを立ち上げ、第一弾製品としてゲーミングマウスパッドDP-GMP-001を発売した。 (negitaku記事) 表面は布タイプで、サイズは255x210[mm]とごく一般的なサイズ1種類のみである。せめて大中小3サイズくらいは出して頂きたかった。よほど素晴らしい表面処理でもしていない限り、1,050円という価格以外に見るべき点はなさそうだ。

バッファローコクヨ BSKBC02BK

2010.12.02 / News

バッファローコクヨがゲーミングキーボードBSKBC02BKを発表した。 (4gamer記事) (negitaku記事) 12月中旬に発売予定。配列はいたって普通の日本語109キー。WASD周辺20キーでの4キー同時押しに対応し、Windowsキーとアプリケーションキー無効化機能を備える辺りがゲーミングたる所以である。接続はPS/2とUSB両対応で、PS/2接続時にはキーの連射速度を50回/秒と120回/秒の間で切り替えられるというが、キーを押しっぱなすのが「連射」として扱われるPCゲームなどまずないので、ゲームに効果を発揮するとは思えない。キースイッチはいうまでもなくメンブレンで、ブランジャーやバックプレートによりキータッチが改善されているらしい。正直なところ、低価格キーボードとしてACK-231UGaやDRKB109BKに勝る点があるかと問われると疑問である。

  Top Page 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。