Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Razer Vespula

2010.01.29 / News

Razerがプラスチック製マウスパッドVespulaを発表した。 (negitaku記事) RazerStoreでは既に販売が開始されている。Speed面とControl面のリバーシブルでリストレストが付属すると、eXactMatを思い出させる仕様。後継製品ということなのだろうか。サイズは300x240x4とやや小ぶりで、形状も完全な四角形ではないために動かせる範囲は少々制限されそうである。

Splinter Cellクリア

2010.01.26 / Games

積みゲー第二弾、Splinter Cellをクリアした。手探りで進めていたら結局15時間ほどかかってしまった。明るさや足音を気にしながらカサカサと這い回るのはとても楽しかったのだが、敵を気絶させないと手に入らない情報が多かったりして、完全ステルスは二週目以降のやりこみ要素のようになってしまっているのが少し残念だった。次はアクション系のPainkillerでもプレイするとしよう。

Razer Carcharias Review

2010.01.16 / Reviews

Razer Carchariasレビュー。因みにゲーミングヘッドセットを買うのはSteelSeries 5Hv2、Creative Fatal1ty、DHARMAPOINT DRTCHD01BKに続いて4台目となる。

Razerらしく黒一色でまとめられているが、ピアノブラックの多用が少々安っぽく感じられる。装着感は極めて良好。軽量で側圧も弱い割にイヤーパッドや頭頂部のクッションが分厚いので、頭にかかる負担は非常に小さい。代償として固定具合はやや弱くなっているものの、普通に使っていて不便を感じることはまずないだろう。イヤーパッドは滑らかな布製で、耳全体を覆うのに十分なサイズがある。金属製のレールによってサイズを無段階に調節できるのは良いのだが、固定機構がないため装着する度に位置を決め直すのが面倒に感じる。音質傾向はフラットに近く、バランスの取れた冷静な印象。ただ高域が鋭いので、ETのヘッド音のように金属的な音を聞き続けると疲れるかもしれない。全体的にDRTCHD01BKとよく似ているが、比較するとCarchariasのほうが中域がクリアで低域が強い。マイクは水平方向にあまり自由が効かず、口の左端辺りまでしか持ってこられないのが気になる。マイクの音質は良くはないが酷く悪くもないというレベル。

この機会に他のヘッドセットと併せてまとめると、5Hv2は音楽や声の聞こえ方が不快でマイクの品質も劣悪だがとにかく効果音を認識しやすい、Fatal1tyは低域がブーミーで全体的に小さめなのを除けば悪くない、DRTCHD01BKは中々の音質と流用可能なマイクが魅力、そしてCarchariasは良音質に良装着感だが特別FPS向きではないといったところか。音楽などを聴きながら長時間だらだらとVCするには最適の機種であるように感じた。

ZOWIE GEAR SWIFT

2010.01.15 / News

ZOWIE GEARが新プラスチックマウスパッドSWIFTを発表した。 (negitaku記事) 発売日や価格などは未定。TFシリーズと同じくSpawNの監修の下で製作されたというのが売り文句である。サイズは340x290x2[mm]とプラスチック製品としてはやや大きめで、ブラック・ブルー・レッドの三色展開というのもアピールポイントとなりそうだ。

Razer Imperatorほか国内発売

2010.01.14 / News

RazerのマウスImperatorとAbyssus、マウスパッドMegasomaとGoliathus Fragged Speed/Controlが1/29に国内で発売される。 (4gamer記事) (negitaku記事{Imperator}) (negitaku記事{Abyssus}) (negitaku記事{Megasoma}) (negitaku記事{Goliathus Fragged}) 各製品の特徴については過去記事 (Imperator) (Abyssus) (Megasoma) を参照のこと。なんだか恐ろしくリンクだらけの記事になってしまった。因みにGoliathus Fraggedというのは従来のGoliathusから表面の図柄が変わっただけのもので、今後はこちらへの置き換えが進んでいくようだ。

Thermaltake Challenger

2010.01.13 / News

Thermaltakeが2010 International CESで同社初のゲーマー向けキーボード Challengerを発表した。 (4gamer記事) WASDキーのあたりに冷風を吹き付けて汗による滑りを抑えるという機能が最大の特徴。冷却パーツを多く手がける同社ならではのユニークな着眼点だが、右手ならともかく左手の汗で困っている人間がいるかとなるとちょっと疑問ではある。この製品を手始めとしてゲーミングデバイス市場に本格参入する予定との事なので、いかにもThermaltakeらしいド派手なマウスなどを出してくれるのを期待したい。

Razer Carcharias 到着

2010.01.12 / Misc

Razer Storeで12月初頭の送料無料キャンペーン時に注文したCarchariasとMamba用ソールがようやく到着した。本当は限定版Tシャツも一緒に注文したのだが、そちらはアジア市場に在庫が無いということで購入できなかった。しかもそのやり取りのおかげで処理が保留されたまま忘れ去られてしまったのか、一月経っても商品発送の通知すら来ない。堪りかねて催促すると5日で届いた。肝心の製品の使い心地については、Carchariasが予想を超えて素晴らしい。他の所有ヘッドセットとの比較などを交えたレビュー記事を数日中に書き上げる予定である。

SteelSeries NP+

2010.01.09 / News

SteelSeriesが新マウスパッドNP+を発表した。 (4gamer記事) (negitaku記事) 3月に発売予定。水と汚れに強く耐久性に優れるという、どこかで聞いたような謳い文句の製品である。450x400[mm]で25$というコストパフォーマンスの高さはさすがSteelSeriesというところか。

Braidクリア

2010.01.07 / Games

Steam Holiday Sale購入物第一弾、Braidをクリアした。「時を巻き戻す」という能力がステージのギミックに良く絡んだ、良質のアクションパズルであった。時の流れに対して特殊な振る舞いをするオブジェクトやステージの特性を理解しつつ進めていくのが非常に楽しい。各ステージ前に挿入される文章や終了後に提示されるパズルは暗示的で、画面やBGMの雰囲気と合わせてBraidという世界をしっかりと構築している。難点は20$という価格の割にボリューム不足のように感じられる事か。実は自分も以前より気になってはいたものの、価格を見て購入を控えていたのである。今回セールで手に入れることが出来て幸いだった。

新年

2010.01.04 / Misc

三が日も過ぎすっかり正月気分も抜けてしまった頃ですが、あけましておめでとうございます。今年が皆さんやデバイス業界にとって良い年となりますように。自分の今年の目標は「積みゲーをしない」としたい。因みに現在12本積んでいる。

  Top Page 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。