Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Indirect

2008.11.30 / Misc

先生にRaptorのMovieを紹介してもらった。Movieそのものよりも、メタルの上にピコピコ音を乗せた音楽に衝撃を受けた。調べてみたところ、スウェーデンのヘヴィメタルバンドMachinae supremacyが、Jets'n'GunsなるSTG用に作ったBGMの一つであるらしい。STGのBGMが素晴らしいというのは万国共通なのだろうか。 なんと公式から全曲DLできる。ふるっていると言わざるを得ない。この独特の震えのある音はFC音源と言うよりはPC-98のbeep音に似ている。フリーのゲームを片端からプレイしたあの頃が懐かしく思い出された。

Qpad新作ヘッドセット

2008.11.29 / News

例によってデザインを変更した。たまには白背景もいいよね!

Qpadがゲーミングヘッドセットを発表した。公式サイトのスペックを見ると、もっとも特徴的なのは、5 - 30,000 Hzと非常に幅広い音域をカバーしているということである。老舗ヘッドフォンメーカーと共同開発したというだけはあるか。まだ発売時期や価格は未定だが、質感といいスペックといい5H v2あたりと競合する高級機となりそうである。

集弾

2008.11.28 / W:ET

昨日の交流戦で、集弾率についての認識を改めさせられた。毎回ACCが非常に残念なことになるSupply序盤の2階守りにおいて、徹底的に置きAIMと左手合わせを意識したところ、弾が驚くほど当たる。今までは正直、視点を振ることで集弾率が下がるといっても、それは40度とか90度とか大きく振ったときの話であって、細かく合わせ直す程度ならばそうそう影響はないだろうと高をくくっていた。しかしこの結果はどうだ。今までは20-22%程度であったACCが一気に28-30まで跳ね上がった。中遠距離においてはわずかな集弾の乱れが大きくACCに影響すると知った。あとは攻めでの22-25%というACCを何とかすればいよいよ弱AIMer脱却なるか。まずは2階攻めを2階守りと同じ要領で当てられるようになりたいところだ。

九十九

2008.11.27 / Misc

九十九が特設店舗とネットで営業を再開したようだ。他店舗も12月初旬の営業再開に向けて準備中とのことで、名古屋は大須に点在していた店舗もその辺りで復活してくれるだろうか。様々なゲーミングデバイスを実際に触ることの出来る貴重な店舗だっただけに、早い営業の再開を望みたいところである。

Customize

2008.11.26 / News

久しぶりに壁紙やらVSやらFxのThemeやらを漁った。使い切れるわけもないのについ100も200もDLしてしまう。困ったものである。

Creativeが直販限定のUSB接続ヘッドセットを発表した。物自体は9月から販売されているアナログ接続のものと同等で、X-Fi技術を(おそらくはドライバでソフトウェア的に)サポートするのが売り。しかしソフトウェアで、となると当然CPUに負荷がかかることになる。X-Fi系のサウンドカードを持っているならば必要のない機能ということもあり、非常に嬉しい追加要素とは言いがたいところだ。値段が4,980円のアナログ版に対してこちらは6,980円と、他の7-8,000円程度のヘッドセットと競合する価格帯に入ってしまうのも辛い。とはいえ逆に考えれば2,000円でX-Fi技術が付いてくるということも出来る。ヘッドセット自体の評判は悪くないようであるし、CPUパワーに余裕があり、X-Fiを体験したい人にとっては良い製品かもしれない。

et_headshot

2008.11.25 / W:ET

HeadShotをやっていると手が疲れる。普段はこんなに短時間に連続して撃ち合わないからだろうか。自分に足りないのは後退ではないだろうかと感じ、ここというところで押すのではなく引くようにしてみたら調子が上がった。実戦でも引き撃ちができれば役に立つことだろう。HeadShotもあくまで一つのマップであって、そこで強くなっても撃ち合いが強くなるとは限らない、というのはよく聞く。勝敗にこだわりすぎず、撃ち合いの方向性を探る手助けにしていきたい。

re-play Sleeperz vs Epic Failを観た。謎のギリシャ人は影の実力者かと思っていたが全くそんな事はなく、稀に見るレイプ状態が全編を通して続いた。RadarでメインゲートからAlリスを通ってサイド側出口まで押し上げ、グレを投げるわ地雷を埋めるわしていたのには流石に笑った。

FAT...

2008.11.24 / W:ET

直前になって告知されたre-play Sleeperz vs turbotを観た。個人的にはw3stが出ていなかったのが残念だった。Radarをturbot、DeliveryをSleerperzが取ってさあDeciderというところで、8Bits vs FGの時間になってしまったのでそちらへ移動した。事前予想では豪華メンバーのFG大幅有利であったが、 どうも攻めに精彩を欠き、Supplyではフルホまで食らっての0-4負け。やはりurtierがいないとFAT POWERが不足するのか。見ていたtoxicはbremen守りで素晴らしいグレの冴えを見せていたが、その後はチームが押されていたこともあってしょんぼり。8Bitsはその後TAG、turbotと連戦して連勝。これはまた8Bitsの時代が来るのだろうか。あとTAGの名前が皆XDDDDDといった顔文字になっていて、ETTVが「Who is who?」の嵐になっていたのが愉快だった。

頭を

2008.11.23 / W:ET

最近悪くない調子だ。以前は迫りくる状況に対応するだけで手一杯だったのが、ある程度の余裕をもって接することができるようになった。そのお陰で目的を持った動きがやりやすくなってきたように感じられる。次は状況認識力を磨き、状況に応じて動きを切り替えられるようになりたい。自分は相当の弱AIMerであるという自覚はあるので、何とか頭を使って嫌らしく立ち回っていきたいところである。しかし実は頭を使うというのも苦手な分野で、とあるRPGをプレイ時にボスで詰まり、「頭を使え」とのアドバイスを受けて、成る程とヘルメットで殴りかかるもダメージ0という悲しい過去があったりする。そんなことはどうでもいいか。

1stの衝撃から4年、HIBRIAが遂に2ndアルバムをリリースする。12/10に日本先行発売とのことである。これは予約するしかない。年末に「今年も原りょうの新刊とHIBRIAの2ndは出なかった」と書くつもりでいたのだが、嬉しい方向に当てが外れてしまった。

Farewell, ovr

2008.11.22 / W:ET

overloadがCheat問題でBANされた。エントリーしている大会は棄権扱い、今後の大会も出場停止となる。ovrは解散するとの事。まあそうするしかなかろう。

デザインをSENTENCED / Cold White Light風に変更した。この寒い中SENTENCEDを聞いているとそのまま永眠しそうになる。

UC Technology μTRON

2008.11.21 / News

UC Technologyからエルゴキーボードが発売された。見た目はエルゴキーボードで有名なKinesis社のFreeStyleによく似ている。この製品最大の売りはTRON配列に対応しているという点である。ただしそのためには専用のデバイスが必要で、さらに現在Windowsには非対応(後日対応予定)との事。この製品が一般的なPCユーザー、ましてゲーマー向けではないことがわかる。そもそもほとんどのエルゴキーボードというのは、両手をホームポジションに置いて利用することを前提にしているので、左手でキーボード全域をカバーするFPSとの親和性が悪いのは当然である。52,500円という価格もあり、とても気軽に手を出せる製品ではないだろう。まあTRON配列を売りにする時点で日本以外での需要は皆無となるし、いくらでも出せるというコアなユーザー向けの製品なのだろう。専用パームレストが9,000円というのは流石にどうかと思うが。

大会

2008.11.20 / W:ET

ECもいよいよ、k1ck vs mamut.siの勝者がbbと決勝というところまで来た。しかし大会の途中でチーム名を変えるのは紛らわしいのでやめて頂きたい。

いつの間にかevu-cupが始まっていたようだ。さすがにECで優勝を争うクラスのチームは参加していないが、ovr、8Bits、sleeperz、play2winなどの実力者が名を連ねている。特に注目は新たに結成されたチーム、Jungle Brothersだろう。abort、butchji、dialer、gifty、snoop、zerenderと超強力Lineupである。いいのかこれ。

DIATEC Realforce

2008.11.19 / News

DIATECがRealforceのオリジナルモデルを発表した。テンキーレス・USB接続と、モデル名からも分るとおり91をベースにしている。またそれはDHARMAのOEM版と共通の仕様ということでもある。DHARMA版と同様にDIPスイッチによる特定キー入れ替えに対応しているが、DIATEC版では更に、スイッチによるWin・機能キーの無効化も実装されている。これはキーストッパーによる物理的な方法よりも幾らかスマートである。オリジナルを含めた3モデルの最大の違いはキーの押下圧で、オリジナルはキーごとに30・45・55gの変化をつけた変荷重、 DHARMA版は全キー30g、そしてこのDIATEC版は全キー45gとなっている。その他細かい違いとして、DIATEC版には紫色WASDキートップが付属すること、印字の色やキートップの表面処理が異なることが挙げられる。価格はDHARMA版とほぼ同じ、2,2500円となっている。最近マウスの可動領域が左方向に狭すぎる気がしてきたので、思い切ってテンキーレスに挑戦してみるのもありかもしれない。そうすればマウスパッドももう1サイズ大きいものを買うことができる。

この手のGadget記事を読み返したくなることが増えたので、Gadgetカテゴリーを新設し、過去記事の一部をこちらに移動させた。近く右メニューからもカテゴリー選択できるようにするつもりである。

ETとは全く関係のない趣味の話題で恐縮だが、レイモンド・チャンドラーの傑作小説「さらば愛しき女よ」がゲーム化される。まずは大鹿マロイのファッションが再現されているかどうか確かめさせろ。

ばら撒き弾

2008.11.18 / W:ET

前回の外人闖入事件、blog持ちのSpiltメンが三人とも記事にしていた。それだけのことはある事件だったから仕方がない。

以前にも書いたが、自分の弾数は相当多い部類に属するようだ。それならばもっとDGが伸びてもよさそうなのだが、いかんせんACCが足りない。というかこれは弾をばら撒きすぎなのではないだろうか。 demoを見返してみると、ところどころで置きAIMの制度が悪く、相手が現れてから置き直して撃っていることが多い。この辺りをどうにかできればもっと伸びそうである。

NAMEKUJI

2008.11.17 / W:ET

昨日、交流戦が終わったあとに反省会を行っていたはずが、いつの間にかFDで高速化したシャッターに潰される遊びが始まっていた。と、そこに突然謎の外人が乱入してきた。その外人は戸惑いながらもJoinしてCPに入ってきた。シャッターを下ろしてもらい、粉りながら「Thank you!」と礼を言うSpiltメン。彼は言葉を発しなかったが、我々が完全におかしいということは伝わった筈だ。後から知ったのだが、彼はどうも試合鯖の下調べをしに来たらしい。「NAMEKUJI!」とか騒ぎたてる人間がいてさぞや驚いたことだろう。結局鯖のpingが双方にとって高すぎるからか、試合自体キャンセルとなった。日本によろしくない印象を抱いたであろう彼の今後の活躍に期待したい。

re-play Sleeperz vs dont careを観た。dont careは聞いたことのないチームだが、toxicやhentaiがおり中々強そうだ。実際、この試合でもSleeperzを4-2で下している。続いてbb vs k1ckかre-play Devilry vs mamut.siを観る予定だったのだが、遊びすぎた疲れが出たのか、力尽きて眠ってしまった。

adler

2008.11.16 / W:ET

最近adlerが流行り出した。展開が早くて対応できない、radarにようやく慣れたと思ったらこれである。まあ色々なmapで戦えたほうがいいのは間違いない。強化週間を敷こう。次に流行るのはbremenかbraunか。

今日は試合が盛り沢山だ。特に注目に値するのは29時30分からのre-play Devilry vs mamut.siだろう。これに勝ったほうがFF、TLR、vaeと並ぶ4強ということになる。敗者復活戦も含めての話なので単純に4-2-1と戦っていくわけではないが。この他にも29時からのplay2win vs 8Bitsなどは見所がありそうである。

2008.11.15 / W:ET

今はなき名バンドDefleshedを偲んで赤いデザインに変更した。こういう記事は後から見返したときに意味がわからなくなるのが欠点である。

SpiltにAAFKAさんが復帰した。これでactive13人(うち6人がvienna先生)と、随分メンバーが潤沢になった。もっとも最近は交流戦の成立件数そのものが少ないので、安定して活動できるとは言い切れないのだが。

Cherry赤軸

2008.11.14 / News

Cherry社製キースイッチに新しく「赤軸」が加わるらしい。黒軸と同じくリニアな打鍵感だが、より軽くなっているとの事。26日には赤軸採用のScythe製キーボードも発売される。赤軸マジェでも出たら買ってみようか。

Steel SeriesからWoW用マウス・マウスパッド・キーボードが発表された。マウスはMMO用途ということを意識してか、とにかくボタンの数が多い。更にLEDの色は1600万色から好きなように選べるのだそうだ。「我々はおもちゃを作っているわけではない」のではなかったのか。マウスパッドとキーボードは従来製品の焼き直しのようである。以前の女性用製品といい、Steel Seriesの行く末が不安になってきた。

mix...?

2008.11.13 / W:ET

昨日はmixに参加した。のだが、助っ人の多いSpilt vs Let'sという感じのチーム分けになって笑った。割といつも通りに立ち回る事ができて良かったといえば良かったのだが。そしていつも通りの成績。Budgerigar Statsを見てみると、弾数はかなり撃っているようだ。ヘッドもまあまあ出しているので、最大の課題はACCだろう。ACCが30%台に乗ればそれなりに良いダメージは出せそうな雰囲気である。その為には置きAIMと集弾率の管理、なのか。グレももっと当てたいところである。牽制グレは結構放っているが、時間通りに来る敵に当てるグレが少ない気がする。それにグレの気配ももっと消したい。mAusのdemoを観るとしよう。

一部で話題沸騰中のL4Dをプレイした。totonoさん、vienna先生と組んでいきなりExpartに挑む。demo版では弾数が無制限ということもあり凄まじい弾幕が張られる。リロードとかはいい、UZIを撃ち続けるんだ。当然何度も全滅することになったが、ルートが幾つもあったりして飽きさせない。途中から強い人が加わったこともあり、最終的には何とかクリアまで漕ぎつけた。元々COOPが好きだったこともあり、非常に楽しくプレイすることができた。こういう撃ちまくりFPSも良いものだ。

青画面

2008.11.12 / W:ET

完全にPBのせいともっぱらの噂の、あの青画面が頻繁に出る。平均すると1-2時間に一度は出ているような気がする。PBの再インストールや各種ドライバの更新もしたのだが、改善の気配なし。流石にこれが仕様として定着するなどということはないだろうが、早いうちに何とかして頂きたいものである。

最近、段階的に下げていたセンシが30cm360度に達した。以前に比べ、遠距離でゆっくり動かせるようになったのはいいのだが、高いグレを投げようとするとマウスパッドの上下幅が足りなくなる。仕方がないので上下のセンシを若干上げた。もう1サイズ大きいのを買うべきだったかとも思ったが、そうすると今度は横幅が大きすぎて机からはみ出すことになってしまう。困ったものである。

2008.11.11 / W:ET

最近、急に寒くなってきた。今年もまた手がかじかんでAIMが定まらない季節の到来である。この冬もPCとアンプという暖房器具のみで乗り切れるだろうか。

ovr vs mamut.siを観た。疑惑の渦中にあるzetoをr_shownormals 1で観ていた人も多かったようだが、少なくとも今回は特に怪しい動きは見られなかったようだ。結果は大方の予想通りmamut.siの勝利。

mystic?

2008.11.10 / News

Lineupにmysticの名前があると話題を呼んだSektor vs rrNを観た。果たして、mysticと名乗るplayerが確かにプレイしていた。ETTVでは当然、これが本当のmysticなのかと議論が巻き起こる。本物にしては弱いという人あれば、ブランクによる弱体化は当然という人もあり。即座に結論が出るような話ではなさそうだし、今後の動向にも注目したい。

その後はovr vs mamut.siも延期になったことだし、TLR改めbb vs vaeを観た。GRではbbがvaeを蹂躙。このまま圧勝かと思えばvaeがSupplyを競り勝ち、DeciderのRadarをbbが取って4-2で勝利。bbはFFと準決勝を、vaeはS.N.Bと敗者復活戦Round2を戦うことになる。

ハンドガンやナイフを咄嗟に出せるよう、マウスにバインドする人は多いと聞く。自分もそうしてみようかと考えたが、既にマウスのボタンは全て塞がっている。そんな時、TC:EのwikiにてShift+マウスボタンで武器変更スクリプトを発見。そういえばこういった形のスクリプトがCONfig wARSにて解説されていた。解説を参考にShift+MOUSE1にSMGといった調子でバインドしてみる。前進しながらハンドガンを持ったり、右に進みながらグレを握ったり、今までは難しかった動作が楽にできるのは実に良い。慣れるまではデフォルト位置の武器変更も残しておくが、いずれ完全に移行して、空いた「一等地」に現在遠くて押しづらいキーをバインドしたいところだ。

追記:交流戦では、噂のexec読み込ませすぎbugか落とされてしまった。残念だが、封印せざるを得まい。

HHK Professional2に日本語配列が登場するようだ。HHKには以前から日本語配列のものは存在していたものの、そちらはメンブレン式で安価なLite2、Pro2とは基本的に別物といっていい。やや変態配列なのは気になるが、カーソル付きPro2と考えれば需要はあるか。ゲーマーに人気の静電容量無接点式といえばRealForceが挙げられる。それと比較したときにHHKの最大の魅力といえるのはそのコンパクトさだろう。今回の新製品も294×110×39.9mmと非常に小さい。机は小さいがマウスパッドは大サイズを使いたい、という人には支持されそうだ。あるいはキーボードをよく持ち歩くゲーマー……はあまりいないか。

準々決勝

2008.11.09 / News

今日は久々にECの試合、TLR vs vaeの準々決勝がある。果たしてどちらが準決勝へと駒を進め、FFと当たることになるのか。少し前ならばTLRだろうと言えたのだが、最近の様子を見ているとどうにも。一方ではovr vs mamut.siという、敗者復活戦とは思えない豪華カードもある。敗者復活戦はまだまだ序盤といったあたりなので、今後の展開が楽しみだ。

本物の蠍や蜂入りマウスが発売されるらしい。Razerもそのうち本物の蛇入りマウスなんてものを出さないか心配である。

リバプールの風

2008.11.08 / W:ET

今日、VIP東西戦が開催される。出かけていて観られないのが非常に残念である。ETTV鯖でOMG vienna OMGなどと叫びたかった。どなたか自分に代わってvienna先生を応援してあげてください。

昨日、リバプールの風になったと思われていたschizoさんがひょっこりと現れた。人数が足りなかったこともあり、ET自体久しぶりなのに交流戦に出てもらう事に。情けないことに、危うく成績で負けそうになった。しかし、改めて考えるとSpiltも結構メンバーが移り変わったものだ。もっとも自分とて最初からいたわけではないのだが。

音楽談義

2008.11.07 / News

昨夜は久々の交流戦に、これまた久々の全編Medicで出た。途中また回線が不調に陥り、酷いときは30秒間何もできなかったりした。頻繁にこうなるようならばいよいよどういう手を打つか考えなければならない。終了後のdemo鑑賞会では敵リスに対するアプローチが足りないとのお言葉。その辺りが突破してもいまいち流れを作り出せない原因となっていそうだ。

交流戦後は音楽談義で大いに盛り上がってしまった。Sonata ArcticaやDragonforceが好きという人は山ほどいても、RAGEが好きという人には出会った事がなかったので非常に嬉しい。RAGEは自分の3大好きなバンドに入るくらいに好きなのだが、日本ではいまいちメジャーになりきれないのが悲しいところである。

Razer Salmosaの発売日が遂にアナウンスされた。12月12日、Arctosa、Lycosa Mirrorと同時に発売されるらしい。Salmosaは小型で軽量と、以前出たKraitと似たコンセプトのマウスである。Kraitは小型Diamondback風だったが、こちらは小型Lachesisといった風情だ。センサーはDeathadderと同じ、第3世代赤外線センサーとなっている。サイドボタンを廃したシンプルな3ボタンマウスというところは、マウスにbindするものが多くなりがちなETPlayerにとって少々辛くはある。しかし小さいマウスを愛する方や、Deathadderが右利き用で涙を飲んだ方には、4,980円というRazerマウスとしては低い価格もあってお勧めできそうである。

そしてNVIDIAの3D眼鏡に関しての情報が出ている。倍速駆動表示に対応したディスプレイと9800GT以上のGPUさえあれば、ゲームプログラムにかかわらず立体表示が可能とのことである。これはETを立体で楽しめる日も近い、かもしれない。

先生大増殖

2008.11.06 / W:ET

昨日はすっかり寝過ごしてしまった。最近どうにもメンバーが揃わず、交流戦ができないことが多い。しかし、今日からvienna先生が6人分出られるようなので安心である。これならばメンバーの集まりが極めて悪い日にも活動できるだろう。余った先生は、助っ人として貸し出したりすることも考えられる。先生の縦横無尽の活躍にご期待下さい!

zMkは「象が マジで かわいそう」の略だと思う。きっと彼は「かわいそうなぞう」に、いたく心を揺さぶられたに違いない。

SSDがSolid State Driveの略であるということを、つい最近知った。残念ながら、スタイナー・スクリュー・ドライバーとは全く関係ないようだ。

mix

2008.11.05 / W:ET

白背景があまりに落ち着かないので予定より早めにデザインをまた変更した。ET-RSSに追加して頂いた記念ということで。

昨日は久々にmixで活動した。対bpという触れ込みで豪華面子に交じり、震えながらの戦いだった。毎回思うのだが守りより攻めが酷い。基本的には守りのほうが強いとはいっても、もう少し何とかせねば。

vae vs mamut.siを観た。今回はfatことurtierが冴えてSquallがしょんぼりした所為か、mamut.siがあっさりと4-0でリベンジを果たした。早めに終わったので、同時間に行われていたS.N.B vs Corを観た。どうせperfoは出ないんだろうと思っていたら本当に出なかった。S.N.Bは例によってrefreeに喧嘩を売りまくっていたが、頻繁に999になるViaxをずっと監視してもらい、度々ポーズをかけてもらうと、掌を返したようにお礼を言い出したのが愉快だった。それにしてもCorのタグが( . ) ( . )という顔にしか見えない。ヤゴコロヤゴコロ!

DOOM

2008.11.04 / W:ET

自分はN64のゴールデンアイからパーフェクトダーク、ナイトファイアと流れた、典型的なゴールデンアイFPS初体験組だと思っていたが、よく考えるとそれ以前に初代DOOMに触れたことがあった。といってもあまり熱心にプレイしたわけではない。当時はRPGが好きだったのでUltimaばかりやっていたのである。

明日早朝5時に、予定されていたS.N.B vs Corに加えて、Evil Territory League NAのvae vs mamut.siも行われる様子。別の大会とはいえ、このような好カードの時間を被らせないでほしいものだ。さてどちらを観たものか。

mass

2008.11.03 / W:ET

今Steelpad Qck massが安いらしい。1,680円と大幅に値下がりして、通常のQckよりも安くなっている。何故massのみで無印やheavyは据え置きなのか謎だが、買う予定のあった方はこの機会に買うのもいいかもしれない。

excel vs mamut.si、S.N.B vs re-play Devilry、mamut.si vs vaeを観た。excel vs mamut.siを予定に反して放映しないETTV鯖が幾つか発生し、ETTVやGTVのコメント欄で怒号が飛び交う事態に。自分も結局deciderのIceを観る事が出来なかった。S.N.Bのメンバーには今回もperfoの名前がなかった。それでもre-play Devilry相手に健闘する辺り流石である。そしてvaeがmamut.siに勝った。戦績を追ってみてvaeはS.N.B以外には負けていない事を知る。何となく最近パッとしないイメージがあったのは何故だろう。NCでのFinが優勝争いまで行かなかったからだろうか。

今夜、というか明日の早朝にはre-play Devilry vs Fear Factoryがある。明後日にはS.N.B vs Cor、明々後日にはTLR vs vaeも予定されている。これは予想以上に充実したETTVライフを送ることが出来そうだ。

golf clan

2008.11.02 / W:ET

深夜帰ってきたら、割と自然な流れで第二回pushゴルフSpilt杯が開催された。今回は以前も候補に上がったRail Gunを3ホール回ったが、木や柱が多かった為か、予想外のショットが乱れ飛ぶ荒れた展開となった。

成績は以下のとおり。
1H (遮断機南の壊れた壁-Al初期リス小屋)
MiRUKU :13 vienna : 06 totono : 05 Wolfdog : 08 TeX : 34
2H (小屋北の切り株-Tower)
MiRUKU :09 vienna : 05 totono : 08 Wolfdog : 21 TeX : 09
3H (Second Tug北-Depot Yard)
MiRUKU : 15 vienna : 14 totono : 09 Wolfdog : 06 TeX : 07

毎回1Hはハマるのが自分の弱点のようだ。というかpro totonoが一番安定した成績を出しているとは何事なのか。他にも今夜はradarのCP内、金網の中が強ポジなどの発見があった。まずい。交流戦がぜんぜんできてないのに妙な知識と経験ばかり増えていく。golf clan Spiltは新入隊員募集中です!

2008.11.01 / W:ET

ハロウィンも終わったのでデザインを変更。しかし白背景は落ち着かない。

このところあまり良い海外試合がない。一時期あれほど試合のあったECも、play-offに入って落ち着いてきた。月曜のS.N.B vs re-play Devilryとmamut.si vs vaeでRound 1は終了。その後は週1Roundペースで進むようなのでかなり長い。短期間に詰め込もうとして延期や中止でグダグダになるよりは良いか。

  Top Page 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。