Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Skyrim再開

2013.02.07 / Games

何故か今更、以前少しだけプレイしてなんとなく放置していたSkyrimをプレイ再開した。

2 Handed, Heavy Armor, Conjuration, Smithingメインで、MODはDeadly CombatとかLegendaly LoreとかEmpowered Magicとか。要食事MODや寒いと人は死ぬMODを入れるべきか悩んでいる。

Deadlight

2013.02.06 / Games

少し前の話になるが、Deadlightをクリアした。雰囲気は良いのだが色々と物足りない、惜しいゲームであった。

Deadlightは「影」と呼ばれるゾンビが徘徊する荒れ果てた地表を探索する2Dアクションパズルゲームである。プレイヤーは生き残りの一団からはぐれた中年男となり、ある時はゾンビから逃げ隠れ、ある時は消火斧や銃で立ち向かい、またある時は敵対的な人間や崩落した道路に苦しめられながらも、生き別れた妻子を探してさまようことになる。アフターマスもの愛好家としてはなかなか期待して始めたのだが、どうにもあらゆる要素が今ひとつ面白くなりきれていない。

まずステージが分かりづらい。どこが足場でどこが背景なのかわからないという事はしょっちゅうで、たまに進行方向が右なのか上なのか下なのかすら分からなくなる。壁を破るアクションは何故か3種類もあり、壁に表示される直感的とはいえないアイコンによってしか識別できない。確かに廃墟の描写はなかなか素敵なのだが、雰囲気作りのために配置されたオブジェクト群がわかりづらさを加速させている面も否めない。

謎解きや戦闘はどうかというと、正直結構単調である。謎解きはスイッチを押して扉を開けるレベルのものがほとんどであるし、戦闘は一体ずつ斧で潰し、厄介だと感じたら銃で撃つだけである。銃弾は貴重品という触れ込みだが、死体を調べると結構ゴロゴロ出てくるのでよほど考えなしに使わなければ余って仕方がないと言っても良い。画面手前や奥にいた敵がぞろぞろとプレイヤーと同一ラインに移動してきて襲いかかってきたとか、地上のゾンビを避けて高所を移動していたら落ちてしまった、という時などは結構雰囲気が出ていて楽しかったので、そこにもうひと捻り、ライン移動するゾンビを順番に斧で叩き潰すだけ、ひたすら走って逃げるだけ、ではないゲーム的面白さを加えて欲しかった。

最後にストーリーについてだが、まさかそんな単純な、と思ったらそんなに単純だったという印象。ステージ内のそこここに散らばる遺留品を調べればストーリーについての理解が深まる、というわけでもなく、どちらかと言うと単に舞台背景の補足である。また細かいことだが、主人公の日記のページが街中に散乱している、見知らぬ他人の隠れ家や軍事施設にまで隠されている、というのは一体どうしてそうなった。

ゲームとしての面白さもストーリーもやや中途半端で、雰囲気ゲーと言いたいところだが、このジャンルには他にもっと練りこまれた雰囲気ゲーが幾らでもあるので、なんとも言えないゲームになってしまっている。ボリュームは5-10時間程度と実際お手軽なので、安く買って雰囲気に浸るならばまあ悪くはないかな、というところか。最後にもうひとつ付け加えるならば、日本語steamデフォルトでインストールされる日本語字幕版は、10センテンス英語で話す間に1回しか字幕が更新されないような有様なので注意されたし。

WotR vs. Chivalry

2013.01.02 / Games

今更だが、SteamのHoliday Sale中でもあるし、War of the RosesとChivalry: Medieval Warfareの比較でも。なお前提として、どちらも基本的にはMount and Bladeライクな中世マルチプレイヤーアクションである。また、どちらのゲームでも自分は遠距離職(弓兵、クロスボウ兵)では一切プレイしていないので、その辺りについては省略させていただく。

攻撃、防御編
WotR

攻撃は左クリック後にマウスを上下左右いずれかの方向に動かすことで、4方向に出し分けられる。またチャージも可能で、威力を高めたりタイミングを外したりすることが出来る。

ブロックも同様に4方向が存在し、基本的に対応する方向の攻撃しかガードできない上、成功後の有利時間があまり長くないため、やや影が薄い。盾を持っている場合は、どの攻撃でもガードできるが、盾は何度か殴られると壊れるし、後述するPerk制によって、盾を持つとプレートアーマーは着られないようになっているため、単純に盾を持てば強い、というわけでもない。

このゲームの戦闘において最重要な要素は、間合いである。何しろポールウェポンはヘッド部分が当たらない限り完全にノーダメージとなるし、敵のどの部位に攻撃が命中したかで、ダメージは劇的に変化する。そしてそれらの判定は相当にシビアである。

特に重装備したプレイヤー同士の戦いでは、頭部へのクリーンヒットを取らない限り、2発や3発で勝敗が決することもないので、相対的に重要性の低いブロックはそこまで狙わず、敵の攻撃の間合いを外し、あるいはアーマーで耐えながら、相手が倒れるまで何発でも攻撃を叩きこんでいく、というのがこのゲームにおける典型的接近戦の光景となる。

Chivalry

攻撃は横薙ぎ、振り下ろし、突きをボタンによって出し分けられ、それぞれ出の速さや威力が異なる。どの攻撃が有効かは、武器によって全く異なるため、注意が必要である。

ブロックは1種類のみだが、簡単かというとさにあらず、ブロック判定が一瞬しか出ない上に隙も大きく、更に敵の武器が画面中央にある状態でなければ成功しないため、慣れるまでは苦労を強いられることになる。盾はブロック状態を維持できる上に壊れないが、盾でカバーしていない部分に攻撃されるとあっさり通るので、過信は禁物。

攻撃やブロックを行うとスタミナが消費され、底をつくとほとんど何もできなくなる。ご想像の通り、スタミナは何もしていなければ自然に回復する。

また、特殊動作が多彩なのもこのゲームの特徴で、フェイント、連続で攻撃するコンボ、ガードを崩すキック等が用意されている。ただし特殊動作は全て大量のスタミナを消費するため、注意深く使う必要がある。

全体的に攻撃の威力は高く、上半身に命中すれば大抵2発から4発で沈むし、頭部命中ならば7割から10割持っていく攻撃も珍しくない。従って、相手の攻撃をいかに回避、あるいはブロックするかは非常に重要である。フェイントやコンボでタイミングを外しながら、狙い澄ました一撃を放つ、というのがこのゲームにおける典型的接近戦の光景となる。

戦闘その他編
WotR

体力は一定時間かけて包帯を巻くことで、半分程度を回復することが出来る。また、密着していれば他プレイヤーにも使用可能である。当然被弾によりキャンセルされ、その場合は全く回復しない。

またこのゲームには蘇生も存在する。腹筋して「Heal me!」というアレである。蘇生は誰でも可能だが、結構時間がかかる上に蘇生中は無防備となる。リスポンはタイマー制で腹筋中は容易に確認できるため、蘇生の見込みがない場合は自らタップアウトすることが望ましい。

蘇生待ち状態の敵に止めを刺すには、専用アクションのExecutionを行う必要があり、これが何と5秒かかる。その間、一回でも攻撃を受けたらまた最初からやり直しである。

最後にsquadシステムについて。これは5人までの分隊で、加入するとリーダーによって使用される攻撃力や防御力の増加・体力のリジェネーションといったバフの恩恵を受けることが出来る。またリーダーが生きている限り、リーダーの立っている場所からリスポン出来るため、前線の維持が非常に楽になる。

Chivalry

体力は何もしていないと自然に回復していく。リスポンはタイマー制だが、ゲーム内にタイマーがないため把握し続けるのは困難である。

特に意味はないが、Warcryというコマンドが存在する。武器を構えたり盾を打ち鳴らしながら「For the Order!」とか「Agatha!」などと叫ぶので、大変に気分が盛り上がる。

またマップのあちこちに配置されているカタパルトやバリスタといった兵器は、扱いこそ難しいものの、上手く使うことで絶大な戦果を上げることが出来る。

ゲームモード編
WotR

デスマッチ以外にはいわゆるKing of the Hillが存在するものの、どちらにせよ敵をより多く倒したほうが勝つ、という結果に至りがちで、あまり違うゲームモードをプレイしているという気がしない。

Chivalry

みんな大好きTeam Objectiveが存在する。攻守に分かれて、攻撃側は全ステージの目標(村人を全員殺し、その後城門を破り、最終的に王を倒す等)達成を、守備側は時間切れを狙う。ステージ達成ごとのタイムボーナス制。

カスタマイズ編
WotR

クラスは存在せず、攻撃2種、守備2種、移動2種、といった具合にカテゴリ毎のPerkを選択していくことでカスタマイズを行う。ただ、Perkには馬に乗ることが出来る、弓を持つことが出来る、という兵種や装備に大きく関わるものが存在するので、クラス制のようなものと考えても差し支えない。

武器や防具の種類はそこそこに豊富で、それぞれについてスタイル、材質等を選択することで威力や振りの速さを細かくカスタマイズ可能となっている。武器はメイン、サブ、ダガーの3種類を、それぞれある程度のバリエーションから撰んで持つことができる。防具は頭部と胴部に分かれており。色や紋章をカスタマイズできるため、戦場で己の存在をアピールするには大いに役立ってくれる。将来的には武器や防具はさらに追加されていく予定であるという。

また、ユニークな点として、ヘルメットには視界の要素が存在する。顔全体を覆う兜は防御力が高いが、視界が狭くなるのである。実際、最上級の兜はあまりに視界が悪い(画面中央に横一文字の帯が走っている、という程度)ため、使用者が少ないほどである。

ただし、これら全てのカスタマイズはゲーム内通貨で購入する必要がある。そして、「稼いでいる」という意識が芽生える程度にはプレイしないと全スロットを埋めるのさえ難しい。よって、最初のうちは幾つか用意されているプリセットのビルドで戦っていくことになるだろう。

Chivalry

クラス制で、防御力等の基本性能や装備、固有の追加アクションといったものは全てクラスにより決定される。

武器はメイン、サブ共に3系統それぞれ3種類から、また特殊装備として盾や投擲武器、スモーク等を一つ持つことが出来る。防具はカスタマイズ不可能で、わずかにヘルメットの見た目が変えられるのみである。

初期時点では武器は系統ごとに1種類しか選択できず、残り2種類は同系統の武器により一定数のkillを取ることでアンロックする必要がある。よく使う系統はすぐに全種類アンロックできるだろうが、あまり使わない系統では意識して稼がなければアンロックされない、という程度のバランスである。

短評
WotR

全体的に動きはスローで、戦闘は完全に間合いゲー。最初は攻撃が全く当たらなくて辛い。戦闘要素よりも戦術要素とカスタマイズ制に優れる。UIやグラフィックは比較的美しい。

Chivalry

全体的に動きは素早く、武器や兵種ごとの有利不利がはっきり付いたり、特殊なアクションが多かったりと、極端に言うと格ゲー的バランス。最初は攻撃が全くブロック出来なくて辛い。やはりTeam Objectiveがあるのが最大の特徴。UIは結構ひどい。

Killing Floor bind晒し

2012.01.23 / Games

Killing Floorにて自分の使っている武器バインドを晒してみる。

  • 1=GetWeapon KFMod.Knife|GetWeapon KFMod.Machete|GetWeapon KFMod.Axe|GetWeapon KFMod.ClaymoreSword
  • 2=SwitchWeapon 2
  • 3=SwitchWeapon 3|GetWeapon KFMod.Winchester|GetWeapon KFMod.Shotgun|GetWeapon KFMod.BenelliShotgun|GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV27.KSGShotgun|GetWeapon KFMod.MAC10MP
  • 4=GetWeapon KFMod.MP5MMedicGun|GetWeapon KFMod.AA12AutoShotgun|GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV27.FnFalAssaultRifle|GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV27.FnFalAAssaultRifle|GetWeapon KFMod.M32GrenadeLauncher|GetWeapon KFMod.LAW|GetWeapon KFMod.Huskgun
  • E=GetWeapon KFMod.Knife|GetWeapon KFMod.Katana
  • R=GetWeapon KFMod.Syringe
  • T=GetWeapon KFMod.Knife
  • V=Getweapon KFMod.PipeBombExplosive
  • X=Getweapon KFMod.Welder|AltFire|OnRelease SwitchToLastWeapon
  • Z=Getweapon KFMod.Welder|Fire|OnRelease SwitchToLastWeapon
  • Ctrl=GetWeapon KFMod.M4203AssaultRifle|GetWeapon KFMod.MP7MMedicGun
  • Shift=GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV27.M7A3MMedicGun|GetWeapon KFMod.Boomstick|GetWeapon KFMod.Crossbow|GetWeapon KFMod.M14EBRBattleRifle|GetWeapon IJCWeaponPack-WhiteV27.M99|GetWeapon KFMod.SCARMK17AssaultRifle|GetWeapon KFMod.Chainsaw|GetWeapon KFMod.M79GrenadeLauncher|GetWeapon KFMod.Flamethrower

GetWeaponを使う場合の難点は、同じキーにバインドした武器を複数持っている場合、実際には後に記述した武器しか取り出すことができないということである。それを踏まえて同時に持つ可能性のある武器はなるべく別のキーにバインドしていった結果、こんなことになってしまった。
一応当人の感覚としては便利ではある。

EDGE

2012.01.09 / Games

EDGEを一通りプレイしたのでその感想を。

EDGEは、操作は単純、グラフィックはシンプル、音楽はチップチューンと、ミニマリズムに溢れた3Dアクションパズルである。特に操作に使うのがWASDの4キーのみで、ジャンプすら無いというのは中々の割り切りと言える。当然許される動きは前後左右への移動だけ、更にプレイヤーキャラクターは転がって移動するキューブなので、後ろにもスペースがなければ前進出来なかったり、高さ1の横穴に入って行けなかったりする。この感覚に慣れるまでには少々時間を要するかもしれない。

ゲームの目的は非常に分かりやすいもので、ステージに点在するprismを集めつつ(集めなくてもよい)ゴールを目指すという、言ってしまえばただそれだけのゲームである。しかし100以上に及ぶステージには動く床を始めとするギミックが豊富に取り揃えられており、プレイヤーを飽きさせない。また基本的には「死んで覚える」系のゲームなのだが、死亡時の復帰の速さや復帰ポイントの多さ、加えて軽快な音楽と効果音のお陰で、ゲームのテンポは至ってスムーズである。

ゲーム中唯一のアイテムであるprismは無視してもゴール可能とはいえ、全て集めることによりアンロックされるステージが存在するので、結局集めたくなってしまう。各ステージクリア後には、クリアタイムと集めたプリズム数によるランクも表示されるので、全ステージ最高ランクを目指すというチャレンジもありだ。

総じて小粒ながらもよくまとまったゲームであり、ちょっとした時間があるアクションパズルスキーやミニマリズム愛好家ならば手を出しても損はない。コンフィグで音量が設定できない上に割とうるさいというのが唯一の難点なので、プレイ前には手元での音量調整のご用意を。

Killing Floor 新武器名

2011.12.08 / Games

Killing Floorにて誰もが待ち望んだ新武器が大量に実装された。というわけでそれら新武器をUser.iniにて指定する場合の名前でも。

MP5 Medic Gun
GetWeapon KFMod.MP5MMedicGun
Combat Shotgun
GetWeapon KFMod.BenelliShotgun
44 Magnum
GetWeapon KFMod.Magnum44Pistol
Dual 44 Magnum
GetWeapon KFMod.Dual44Magnum
M4
GetWeapon KFMod.M4AssaultRifle
Claymore Sword
GetWeapon KFMod.ClaymoreSword
Husk Fireball Launcher
GetWeapon KFMod.Huskgun
M4 203
GetWeapon KFMod.M4203AssaultRifle

性能的にちょっとどうなのかという武器もあったり、重量にバグがあるっぽかったりするが、取りあえずは公式新武器の実装を素直に喜ぼうと思う。

IJC Weapon Pack White V2.6

2011.11.20 / Games

KIlling Floorの武器追加Mod、IJC Weapon PackがWhite V2.6にバージョンアップされた。
これにより全武器にPerkボーナスが適用されるようになり、またKSG ShotgunというSupport Specialist向けの新武器も追加された。
これを受けて、IJC Weapon Pack紹介記事を更新しておいたので、興味のある方はご覧あれ。

余談だが、Whitelistはともかく、Greylistに入るModはもっと多くても良いように思う。色々なModで遊んでみようと思っても、全Perkが0扱いという環境下ではやる気が削がれてしまう。list入りするということは公認するということにほぼ等しいので、クォリティの低いものは入れたくないのかもしれないが、それにしてももう少し増えても良いような。

  Top Page  >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。