Lupus

スポンサーサイト

--.--.-- / スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Razer Mamba 4G Review

2011.07.10 / Reviews

Razer Mamba 4Gレビュー。旧Mambaは以前にレビューした(Mambaレビュー記事)ので、今バージョンでの変更点のみを取り上げる。なお、検証は基本的にDPI1800、ドライバ2.00、ファームウェア1.02、OS側のポインタ移動量は6/11、加速はoffという環境で行っている。

まず外見や形状については旧Mambaから特に変化なし。唯一の変更点はLEDの色を変えることが出来るという点である。
色を変更すると随分印象も変わるので、面白くはある。
また付随して、発光の強さの調整や、無線時に本体の発光を抑制したりも出来るようになっている。設定画面の表示いわく、LEDを完全に切ると、推定バッテリー寿命が8時間から12時間になるとのこと。むしろ今まではそこまでしてLEDを点けていたのか、という思いが強いが、ともあれ設定できるようになったのは喜ばしいことだ。

その他にも、スリープモードに入るまでの待ち時間や低バッテリー警告の閾値など、変更できる電源周りの設定はいくつか増えている。

続いて最大の変更部分、センサーに移る。まず分かりやすいところで言うと最大DPIが5600から6400へと上がった。その結果、初期設定ではDPI変更ボタンからアクセスできる5段階のDPIが、800・1800・4000・5600・6400と、異常に高い数値に寄ってしまっている。

6400があるのなら5600は要らないと思うのだが、旧Mambaでの最大値だった思い出を大切にするために残してあるのだろうか。それともネイティブのDPIはこの5つになってしまっているのだろうか。

続いて3.5Gでの問題点とその改善について。旧Mamba他に搭載されていた3.5G Laser Sensorには、布パッド使用時にクリックぶれが起こるという問題があり、後にそれを改善するためにdynamic DPI scalingアルゴリズムが採用されたのだが、今度はそれに起因する低速移動時の挙動の不自然さという問題が浮上してしまっていた。
これはどちらを取っても一長一短であり、どちらを支持するユーザーも存在しているのだが、旧Mambaの古いファームウェア以外では例外なくdynamic DPI scalingが採用されていることから、Razerとしては今後そちらを標準仕様として推していくつもりであろう、と言われていた。
今回の4G Laser Sensorではその予想通り、dynamic DPI scalingを切ることは出来ない。とはいえ、かつての(とは言っても自分は旧Mambaのファームウェアver.1.07しか触ったことはないが)ような、「微速で動かそうとすると反応せず、ある一定速度を超えたところから急に動き始める」という極端に不自然な動きは感じられない。普通に動かしている限りには殆ど不便はないのだが、検証してみるとこれが微加速のような挙動を引き起こしているようだ。
具体的には、360度35cm設定のFPS中で、4秒掛けて360°動かしたマウスを、10秒掛けて物理的に元の位置に戻すと、5-10°移動量が少なくなってしまう。以下のSSは0°のラインにあわせて右に360°動かした後、左方向に動かして戻した際のものである。小さくはあるが、無視できない量のずれがあることがお分かりいただけるだろう。

様々な布やプラ、金属パッドで検証してみたが、どのパッドで何回検証を行っても同じ程度の誤差が発生したので、これは「クリックぶれを低減するために低速時の移動量にフィルタを掛ける」というdynamic DPI scalingによってもたらされたものではないかと推測される。もちろんただ単に微加速の切れないセンサーなのかもしれないが、表れる結果としては同じである。

代わりに、dynamic DPI scaling本来の目的であるところのクリックぶれ低減については効果が発揮されており、手持ちの布パッドではXTracPads Fat Matでほぼ毎回1px程度、SteelSeries Qck Massで5回に1回1px程度のずれが発生するに止まっている。その手の非常に柔らかいパッドを使用するのでなければ、クリックぶれからは解放されると言って良いだろう。

最後に、もう一つの目玉であるsurface calibration機能について。これはマウスパッドの表面に合わせてセンサー出力機能を最適化するという機能なのだが、少なくともMamba 4Gではこれをonにするとリフトオフディスタンスを調整できるようになる、という理解で良さそうだ。
設定画面でsurface calibrationをonにすると、lift-off rangeの調整が自動/手動で出来るようになっている。
なお、リフトオフディスタンスを絞りすぎると認識する閾値がソールの高さを超えてしまうのか、単純にパッド表面の認識機能が低下しているのか、マウスポインタが全く動かなくなってしまう。リフトオフディスタンスを最大に設定しても、手持ちのマウスパッドではリフトオフディスタンスが1円玉2枚分を超えることはほぼなかったので、よほど気になる人以外はこの設定を詰める必要は無いように思う。

結論を述べる。3.5G Laser Sensorに見られた問題は殆どクリアされており、dynamic DPI scalingによる微加速のような動きが許せるなら旧Mambaから乗り換える価値は十分にある。3.5Gの評判を聞いて二の足を踏んでいた人間に勧めることも出来そうだ。
個人的には、一番好きなパッドなのに旧Mambaでは使い物にならなかったので泣く泣く封印していた、Golithus Controlを問題なく使うことができるというだけでも嬉しい。微加速についても、最近はFPSといえばシングルモードをクリア目的で、もしくはKilling FloorをCo-opで、という程度にしかプレイしていないので、そこまで神経質になる必要もないという判断をしている。

Razer Carcharias Review

2010.01.16 / Reviews

Razer Carchariasレビュー。因みにゲーミングヘッドセットを買うのはSteelSeries 5Hv2、Creative Fatal1ty、DHARMAPOINT DRTCHD01BKに続いて4台目となる。

Razerらしく黒一色でまとめられているが、ピアノブラックの多用が少々安っぽく感じられる。装着感は極めて良好。軽量で側圧も弱い割にイヤーパッドや頭頂部のクッションが分厚いので、頭にかかる負担は非常に小さい。代償として固定具合はやや弱くなっているものの、普通に使っていて不便を感じることはまずないだろう。イヤーパッドは滑らかな布製で、耳全体を覆うのに十分なサイズがある。金属製のレールによってサイズを無段階に調節できるのは良いのだが、固定機構がないため装着する度に位置を決め直すのが面倒に感じる。音質傾向はフラットに近く、バランスの取れた冷静な印象。ただ高域が鋭いので、ETのヘッド音のように金属的な音を聞き続けると疲れるかもしれない。全体的にDRTCHD01BKとよく似ているが、比較するとCarchariasのほうが中域がクリアで低域が強い。マイクは水平方向にあまり自由が効かず、口の左端辺りまでしか持ってこられないのが気になる。マイクの音質は良くはないが酷く悪くもないというレベル。

この機会に他のヘッドセットと併せてまとめると、5Hv2は音楽や声の聞こえ方が不快でマイクの品質も劣悪だがとにかく効果音を認識しやすい、Fatal1tyは低域がブーミーで全体的に小さめなのを除けば悪くない、DRTCHD01BKは中々の音質と流用可能なマイクが魅力、そしてCarchariasは良音質に良装着感だが特別FPS向きではないといったところか。音楽などを聴きながら長時間だらだらとVCするには最適の機種であるように感じた。

Qpad | HeatoN Review

2009.10.16 / Reviews

Qpad | HeatoNレビュー。WMRで取り上げようかとも思ったが、それはまたいずれということで。

何といっても最大の特徴は435x365x4.0[mm]という硬質パッドにあるまじきその大きさである。ATX規格のマザーボードよりもやや大きいといえばその巨大さがお分かりいただけるだろうか。布パッドならばこれよりも大きいものはザラにあるが、やはりプラスチックは迫力が違う。また厚みもプラパッドの中では大きい部類で、使用中にずれる気遣いは少ない。価格もarkで5,980円となかなかに宜しいが、プラパッドの中では特別に高いというほどではない。寧ろその大きさを考えれば安いとさえ言える。

滑り具合は当然硬質で、プラスチックにありがちなぬるぬるとした滑りでなくさらさらとした感触がある。数少ない手持ちのプラパッドであるSphexとDestructorに比べると、止まり寄りの性能のように感じられた。とはいえプラパッドなので相当に滑るのは間違いない。

個人的に最も気になっていたMambaとの相性について。結論から言うと極めて良好で、カーソルぶれ、クリックずれ共に全くなし。30cmを2秒以下というような高速で動かすとややネガティブアクセルが発生するが、実用上は問題ないレベルである。これでようやく硬質パッドだと大きさが確保できないが布パッドだとぶれる、というジレンマから開放されそうだ。

やはりこの大きさの硬質パッドというのはそれだけで価値がある。机上のスペースに余裕があるならばぜひお勧めしたい製品である。

DJ1PRO+ダーマイク

2009.07.03 / Reviews

RP-21のイヤーパッドとヘッドバンドが硬くて薄くて痛いので代わりになるというパッドを注文した。納期2ヶ月という回答にカッとなって、セールで2万円を切っていたULTRASONE DJ1PROを購入してしまった。当然すぐにダーマイクとの組み合わせを試す。ULTRASONEのヘッドフォンはケーブルがねじ式になっているのだが、別にねじ式でないケーブルでも挿し込むことは出来る。とはいえ少し太さが合わなかったので、プラグの周りの樹脂部分を少しカッターで削ったところ、難なく装着することが出来た。ケーブルがやや後方に向かって出ている関係でマイクが口から少し離れてしまうが、大した問題ではない。装着感は至って快適で、これならば3時間や5時間という連続使用でも耳や頭頂部が痛くなることはなさそうである。音質も良好で、特に打ち込みのドラムには今までにない躍動感が出たように感じられる。エージングによってまた音が劇的に変化するとのことなので、気長に付き合っていきたい。

Razer Mamba Review

2009.07.01 / Reviews

Mambaレビュー。色々なところで既にレビューされていることでもあるし、基本的な仕様に関するコメントなどは省く。

まずDAからの変更点として目に付くのがサイドのくぼみ。天板のようなさらさら加工ではないラバーで、グリップ力を大幅に向上させてくれる。裾に行くにしたがって広くなる感のあったDAより、DBやAvatarのようなサイドのえぐれたマウスの持ち心地に近くなった印象だ。またサイドボタンがラバー加工になり、ストロークもやや短くなって押しやすくなった。ホイールクリックも上手く説明できないがやや硬質な感触に変わっている。左クリックの端についているボタンはクリック感が柔らかく返りのキレもいまいち。手のホールドを緩めるか、人差し指をかなり苦しいところまで伸ばさなければ押せない位置ということもあって、撃ち合い中に押すような使い方には向いていないようだ。なおデフォルトでは解像度上昇/下降が割り当てられているが、これは他のボタン同様にドライバで変更可能となっている。そう頻繁に使うわけでもないのに解像度変更ボタンの割り当ては変更できないというマウスが多い中で、これは嬉しい点である。裏面にはセンサーとパッドの距離が変わることによるカーソルのぶれを抑止するという、テフロンリングが取り付けられている。その分設置面積が増えて滑りを損なっているのではないかと懸念していたが、テフロンリングまで含めてもDA+Hyperglideよりも滑りが良い。総じてDAの欠点とされていた部分をしっかり潰してきた印象である。

セールスポイントである無線機能についてはどうか。正直使い始めるまでは無線であることのメリットは大きいとは思っておらず、体感できるレベルではないにせよ遅延やポーリングレートの面で優位になる有線状態で使うつもりであった。しかし試しに無線で使ってみるとこれが非常に快適で驚いた。Mambaのケーブルは細い布巻きで、有線状態でもそうケーブルをストレスに感じることはない。しかし無線はまさに別世界である。前評判どおり、遅延やポーリングレートの揺らぎも体感できるレベルではない。バッテリーの消費も大体一日21時から26時くらいまで無線でプレイして1/3といったところなので、使用後に充電するなり、一定時間は有線で充電しつつプレイするなりすれば全く問題ない。ちなみに電源のスイッチさえ入っていれば、PCの電源を入れなくても独立して充電する。ただバッテリーを入れた分明らかに重量は増しており、更にバッテリーの搭載されている後ろ側にかなり重心が偏ってしまっているのは、避けられない事とはいえ残念である。

次にMamba最大の問題とされているセンサーの挙動について述べる。特に布パッド上で、カーソルの移動がぶれがちになり、クリックやホイール操作でもカーソルがずれてしまうという問題が知られている。テフロンリングとファームウェア1.06、ドライバ1.04によってだいぶ解消されてはいるが、少なくとも普段使用しているGoliathus Control上では、無視できないレベルでこの現象は発生している。なおファームウェア1.07を入れたところ、ぶれはほとんど見られなくなったが、小さい移動量にフィルタをかけているような感じで、低速移動時にカクカクとした動きになってしまった。その違和感をどうにもぬぐう事が出来ず、自分は1.06に戻して使用している。しかしMambaがETに使用できないかというと、さにあらず。自分はETのセンシを大体360度30cmに設定しているのだが、この条件下でカーソルぶれやクリックずれによって起こる照準の移動量というのは極僅かなのである。かなり激しくぶれても遠距離の敵のヘッドほどにも動きはしない。ただ、ハイセンシになればなるほどこのぶれは大きくなっていくと思われるので、気になるか否かは個人の設定次第という面もある。

この現象は布パッドで多く発生し、プラなどの硬質パッドでは発生しにくいといわれている。しかし布パッドといっても千差万別、表面が変形しやすいものからしにくいものまで色々と存在する。というわけで、手持ちのパッド全てで動作確認を取ってみたのが以下の表である。

マウスパッド カーソルぶれ クリックずれ
Steelseries QcK+
Steelseries QcK mass
Razer Goliathus Alpha Speed
Razer Goliathus Alpha Control
CorePad C1 Large
Qpad CT Black 1.5mm
DHARMAPOINT CLOTH TYPE
X-RAY Aqua3
A4TECH X7 GAME
ZALMAN MP1000
XTRACPADS Fat Mat
XTRACPADS RIPPER XL
ZOWIE GEAR P-RF

カーソルぶれに関してはGoliathus Control以外ではほとんど気にならなかった。クリックずれに関しては「大」だとほとんどクリックするたびにカーソルが動いてしまう、「中」では半分くらいの確率で動く、「小」ではまれに動くといったところ。「小」ならばデスクトップ操作でも不便を感じることはまずないだろうと思われる。またホイールを下に回すとクリックよりもやや大きなずれが発生することがある。スクロール時、精密にポインタを合わせる必要があるとは考えにくいが、一応注意が必要である。こうして見てみるとほとんどのパッドで大なり小なり問題が発生するのは確かのようで、硬質パッドを買ってみようかという気にもなる。しかし自分にとってはカーソルのぶれよりもパッドのサイズのほうが重大な問題であるからして、QPAD HeatoN padあたりの大サイズプラパッドが出るまでは比較的問題の小さい布パッドを選んでしのいでいく事になりそうである。(7/4 : X-RAY Aqua3について、使っているうちに少量のカーソルずれを確認したので修正)

思いのほか長くなってしまったが、結論に移る。外形や無線の完成度は非常に高いが、現段階では小さくない問題があるのも事実。それを承知の上で、DAの進化形を是非手にしたい、高級感漂うアクリルケースや青く発光するオブジェを見ているだけで幸せ、「WELCOME TO THE CULT OF RAZER」と書かれた黒い紙を手に入れるためならなんだってやる、という向きは大金を払って買ったとしても決して後悔はしないだろう。

RP-21+ダーマイク

2009.06.04 / Reviews

最近、メイン機で使用している5Hv2の高音のシャリつきがどうにも気になってきたので、評判の良いCarchariasを買ってみようと考えていた。しかしある時ふと、使い心地ならともかく音質に関しての不満が、同価格帯のゲーマー向けヘッドセットを渡り歩いたところで果たして解消され得るだろうか、と思ってしまった。そうなると必然的にオーディオ用ヘッドフォン+マイクという形が浮かび上がってくるが、卓上マイクや首掛けマイクは取り回しに、ピンマイクは品質に難あり。某スレでは最早鉄板とも言われるDR-150+ダーマのマイク付きコードを試してみようかという気にもなってくる。だが仮にもブログでこういったことを書き散らしている者としては、既に確立されている道ではなく、何か新しい道に挑んでみたい。ということで同じようにケーブルの取り外しができ、強烈な外見とロックに強い特性を持つEquation Audio RP-21の登場と相成ったわけである。

まずRP-21を開封してみると、覚悟はしていたが輝くオレンジ色が目に飛び込んでくる。しかし写真で見るよりは幾分おとなしい印象を受けた。ケーブルは確かに取り外し可能で、事前情報通りケーブルと本体側の受け手にロック機構が仕込まれている。普通のミニピンケーブルを取り付けるには若干の細工が必要となりそうである。実際に装着してみると、クッションのない頭頂部がやや痛くなりそうという印象はあるが、おおむね良い感触。次にDHARMA POINT DRTCHD01BKを開封してみる。外見は正直こちらのほうが数段好みである。オーディオ用ケーブルとマイク付きケーブルが付属しており、こちらも本体とケーブルにロック機構があるようだ。しかしこの二製品のロック機構は非常に良く似ている。まさかと思いつつ、ダーマのマイク付きケーブルをRP-21に挿してみる。驚くべきことに、寸分の狂いもなく収まった。更にRP-21の純正ケーブルとダーマのオーディオ用ケーブルを並べてみると、この二つは全く見分けが付かない。ケーブルのロック機構の出っ張りやロック位置を確認するための矢印、ケーブルの太さや硬さから先端のミニピンにねじ式の6.3mmコネクタが装着されているところまで、そっくりそのままである。流石にこれは一般的な仕様にたまたま二製品が合致したというレベルではない。まあ工作の手間が省けて助かったといえば助かった。しかしケーブルをこんな音質度外視のものに取り替えるというのはオーディオマニアなら呆れ返ること必至である。

早速5Hv2と聴き比べてみると、その差は明らかであった。高音は艶やかになり、低音にもグッと迫力が出てきた。特に弦楽器の響きがまるで違う。密閉型なのでETをプレイする上で定位感に問題が出るかと危惧していたが、適当なdemoを幾つか再生して比べてみた限りでは特に問題は感じられなかった。余ったダーマのヘッドフォンは遮音性の高さとズレにくさ、無難なデザインやストレートケーブルであることを買って携帯用にすることにした。まあ携帯用の音楽プレイヤーを持っていないのだが、いつか買ったときのために、ということで。

NZXT Avatar Review

2009.02.03 / Reviews

衝動買いしたNZXT Avatarのレビュー。
DA、IME3.0と比較すると細長いのがわかる
背が低く、サイドが切り立っている

まずは外観から。有機的ラインと機械的デザインの融合したフォルムが美しい。天板部分はDAのようなさらさらとしたラバー加工で、サイド部分は普通のラバー加工。滑り辛く、持ち上げたりしやすい。ソールはテフロン製。センサー周りには確かに"JAPAN MADE IR"の文字がある。接続はUSBのみ。

所持している他機と比較してみる。DA、IME3.0と同程度の大きさのように見えるが、握ってみるとサイド部分が急角度に切り立っているために細い印象を受ける。また被せ持ちの場合、右サイドに薬指を置くスペースが無くて少し困る。薬指を右ボタンに乗せると安定するが、少し窮屈な感じはある。背がかなり低く平坦な形状であるのもお分かりいただけると思う。なお、秤を持っていないために正確な重さはわからないが、持った感じではIME3.0とそう変わらないようだった。

続いて実際の使用感。左右ボタンはストロークが浅く、しっかりしたクリック感と返りがある。左右サイドボタンは金属製で、若干引き込まれるような強いクリック感がある。右手で持つと右サイドボタンが押し辛いのはお約束だが、サイドボタンの出っ張りが低いことが更に押し辛さを助長している。ホイールは固くしっかりしており、クリックしたときにぶれる感じもない。ホイール手前のDPI変更ボタンもカチカチとしっかりした感触。

ドライバを入れてみる。ドライバをインストールすると各ボタンやホイールの割り当てを変更可能になる。割り当てられるのはクリックやスクロールなどの各ボタンの標準機能に加え、ダブルクリック、プロフィールのロード、マクロと比較的多彩。マクロはキーの押下・押上、50ms単位でのディレイを組み合わせられる。実際にキー操作をするたびにリアルタイムに入力されていく方式で、後から特定部分を改変したり削ったりできないのが結構辛い。プロテクトにはじかれるかどうかは未確認。DPIは600,1200,1800,2600から選択可能で、ポーリングレートも125,500,1000から選択可能。ドライバなしだとDPIを2600から変更できないのは不便に感じた。X-Y AxisやWin pointer Speed、Double Click Speed等も変更可能。要するにRazerドライバとほとんど同じである。なお、ドライバが64bitOSに未対応という話が海外レビューサイトにあった。持っていないので確認はできないが、ご注意を。

最後に性能測定。センサーの補正は結構強めに掛かっている印象を受けた。気持ち斜めに引いたつもりが直線になっているという事がしばしばある。リフトオフディスタンスは優秀で、Goliathus Speed上での測定では、1円玉2枚(約3mm)で完全に反応しなくなる。パッドとの相性については、自分の所持パッドがGoliathus Speed,Corepad C1,ZMachine MP-1000,X-RAY Aqua3と、見事に布だらけなので正確なところはわからない。少なくともこれらのパッドでは正常に動作した。まあ光学式なのでそれほど神経質になる必要はないとは思う。

まとめてみる。外観や各部の品質は上等。結構なお値段がするだけのことはある。独特の形状が持ち方をやや制限する嫌いがあるが、左手でも使えるのはメリット。マクロの性能は最低限で、期待するほどのものはない。2600DPIが必要かはさておき、センサーの性能は優秀。形状やデザインが気に入れば十分良いマウスといえそうである。

  Top Page  >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。